デンドリチック・クォーツ

デンドリチック・クォーツ という石のコト


デンドリチック・クォーツ



 ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆


デンドリチック・クォーツは、透明のロック・クリスタル「水晶中」に、酸化マンガンによる樹枝状
インクルージョン(不純物)が含まれたものを言います。

マンガン分が水溶液の形で水晶結晶の亀裂中に浸透して、その後に再結晶して、
美しい黒色の樹枝状模様のインクルージョンを生成するもので、このデンドリチック・
インクルージョンは、「後生インクルージョン」の代表的なものです。

このデンドリチック・インクルージョンは、水晶中のほか、アゲート、ローズクォーツ中にも
見られることがあります。

日本名では「模樹石」あるいは「シノブ石」と言い、名称は、ギリシャ語で「樹木」という意味の
「dendron」に由来します。


             ◇     ◇    ◇    ◇    ◇    ◇


大いなる自然や大地を保護する力があるとされる鉱物。
肉体、感情、精神のバランスを保って、それらの浄化、再生を繰り返し、自己をより高度なものに
導く力があると言われています。

瞑想の際に用いると、清涼感で前進が包まれたような気持ちになれるそうです。
直感力、洞察力に恵まれるとされています。


 
 ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆


夕食の支度をしながら思ったこと。

反面教師って言葉があるけれど、そういう見方でなく、


自分が思ってもみない言い方をされて、これまた思ってもない思いが自分の中に飛び出してくる
ってことが頻繁にある。

毒を持って、毒を制するではないけれど、カンフル剤のように普段思わないものを考えさせるというか、
なにかされて、こうであったらいいな。とか、こうあるべきだ、と、考えることをさせてくれる人や、
出来事、社会での表現があるなあと思う。

例えば、テレビ局のコトであったり、
身近な頓珍漢な行動を起こす人、私の場合はお局様のことであったり。

やれやれ、とか、あーーもうどういうことだよ!とか憤りを感じることもあるけれど、
自分の潜在意識を表に出してくれ、そこについて考えることを示してくれるありがたい
ことだったりとするんだな。と思った。

そこで、出したものをきちんと見つめないと、
忘れてしまったり、今後に応用しないとまた、同じことの繰り返しをする。
じゃあ、どうしてもそれをクリアしないと、前に進めず同じ所を繰り返し無限ループ。
そんなの嫌だなーと思いつつ。

あ、また同じことやってもた。と気付く。

そこに気付ければいいけれど、
気づくことさえ気づけないのは、自分に対して大罪を働くことになりかねん。
と思うのだ。


スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts