テナンタイト

テナンタイト という石のコト


テナンタイト


テナンタイト「四面砒銅鉱」は、テトラヘドライトグループ中の一つで、色は、
暗灰色から黒色のものまであり、条痕は黒色か褐色、暗赤色を示します。

名称は、イギリスの科学者、S.Tennantの名前にちなんで命名されました。


                   ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇

行動的になりたい時に持つとよいとされる鉱物で、感情、理性、知性を統合してバランスを保ち、
いつも前向きな方向へと考えを導く力があると言われています。
客観性や論理性に長け、いつも冷静に物事に対処できるように育む力があるそうです。

                   ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇

中枢神経の働きを正常にしてホルモンの分泌を促し、年齢にかかわると考えられる病気の
治療に用いられたようです。

          ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇   ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇


以前、50代の女性はとんでもなくわけのわからないことをいう・・・と、このブログにも書き、
自分自身もそうならないように、なんて自分さえよければなことを思っていた。

しかし、果たしてそれだけの見え方でいいのか?と、思うことがあり、
いくつか日を重ねては、ふと、そのことを思い出すことがあった。自問自答というか、
誰に尋ねるまでもなく、答えを探していたのではないかと思う。


                   ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇

今朝のこと。
通勤電車でゆったり座って読書をしていた私の耳にふと飛び込んできたマダムの言葉。
どうやら、おめかしをしている様子からして、なにかの会合に出掛ける途中の様子。

マダムA「・・・欠席すると、後で何を言われるかわからないし、色々と(抗議を)言われへんやん。」
マダムB「そうよね~。見ていたら、相手方は勝手にハラハラして勝手に勘違いしてあわてて焦っちゃって、
なんだか攻撃の矛先をこちらに向けてくるのよね。もう70過ぎてるからさ、戦う気力ないわ。しんどいもん。」

その先は、相手が攻撃してきたら、やんわりと受け止めて、それとなく流すのが一番よ。というような
お話をされていらっしゃいました。

そう言う見方があるのだということ、と、もし私ならば、この場合どう考えていただろうか?
カチンと来たモノに対して同じ力をぶつけることをして、結局、無駄なエネルギーを消耗するだけで
ないだろうか?と、思った。

この世にはプラスとマイナスがあるように、ガチンとぶつかる力と、それを引き、受け止める力が
あるから、この世はバランスが保たれているらしい。

なるほどなっと思ったのは、このマダムのようにやんわりひらりと身をかわす術を持っているか否か
で、今後の人生観が全く違ってくるのだということと、

50代以上のおばちゃんたちの中でも、きちんと周りを見ている人がいるんだということがわかった。

ということは、私が今考えていることが、私ひとりの独りよがりな考えである可能性がある。ということで
はないだろうか?
ってことは、先日出会った50代女性の意味の不明な考え方と、同じようなことを私も持っている
ってことに他ならないのだと、明日は我が身と感じ、気持ちを引き締める思いでいる。


思い込みで一方向からの観察の仕方では、立体的に物事は見えてこないということか・・・。
気をつけます。













スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts