ガスペイト・マグネサイト・クォーツ

ガスペイト・マグネサイト・クォーツ  という石のコト


ガスペイト・マグネサイト・クォーツ



ガスペイト・マグネサイト・クォーツは、
クリソプレーズによく似ていることから、「レモン・クリソプレーズ」と呼ばれていたものが、
現在も通称として残っているガスペイトにマグネサイトとクォーツが混合した鉱物。

                   ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇

名称は、カナダの『ガスペ半島』で1966年に発見されたことに由来します。
比較的新しい石ですではありますが、
それ以前よりオーストラリアのアボリジニの間で使用されていたとも言われます。


                   ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇

ガスペイト・マグネサイト・クォーツは、ネガティブな思いにとらわれがちな時、
本当の素直な自分の心に向きあうように促し、心を鎮め、見つめることを教えてくれます。


        ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇


「もう、僕はだめなんっすよ」と、後輩Hさんが言う。

最近、本当に大事にしてきた彼女と別れたらしい。
それから、どんどん、ネガティブ発言と、ため息ばっかりの日々を送っている。
私はそれを見守っているのだが・・。

Hさんは多忙な勤務と、会社からの業務外の勉強会の準備などが加わり、
精神的に参っていた。そこへ彼女と別れた大打撃をくらい、
もともと持っていたネガティブな考えの暗闇へと一気に突き進んでしまったようだ。


「もう、何ヶ月後にはここにはいないんです。」と、言う。
「次は決まったのか?」と、聞くと「決まっていない」という。

なんだか、同情してほしいの。。。って、なよっとした感覚を受ける。


                    ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇


この後輩Hさんは、更に年下の空気が読めない女の子Mさんのことをよく馬鹿にしていた。

このMさんは、一生懸命なのだが、周りが見えないことが多々あって、
それを上司に注意されると、その場はしゅんとしているのだが、
どうも感情的に暗い考えに陥りやすく、周りが自分を理解してくれない、と、
私に話をして、なげいていた。

代わってHさんも、常に誰かしらのことをああだこうだと、悪口を言っている。
私は、話を聞いていて、「そんなことばっかり言っていたら、
良いこと一つもありませんよ。」(考え方を変えたら?)という意味で言うのだが、
感情が心の80%を占めているようで、口先では「そうですよね」というものの、
他の人に同じようなことを言っているのを聞いたことがある。


                    ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇


このMさんと、後輩Hさんとの考え方に共通点があるように感じる。

「悪いのは自分じゃない、周りだ。自分を理解してくれない。だから、嫌なんだ。」


自分を主張しすぎて、自分の行いが善だろうと悪だろうと、
やっていることは自分としては正しいと思っていることを周りが認めないから、
自分目線で見たら 『周りが悪い』 となる。

良い、悪いの問題でないのだが、どうも感情の嵐に心を支配されると、
相手や環境のことをきちんと受け入れることもできなくなるようだ。

今、仕事ができて、お給料をもらい、患者さんとの信頼関係もある。
贅沢なことはないけれど、生活はできている。
それでもう十分贅沢な足りている生活なのに、何をそんなに求めているのか。

Mさんは今月いっぱいで退職する。
Hさんもいずれ退職する。

この二人、このまま同じことを繰り返していくと、さらにもっと劣悪な
環境に身を置きかねないと、思う。

いかに普段から自分の感情の整理をするか、
ものの見方がこれで確かかどうか、おかしなところはないか、
これで正しいのだ!と、慢心していないか、
要チェックだと、日々思うのだ。






スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts