エレスチャル・クォーツ

エレスチャル・クォーツ という石のコト


エレスチャルクォーツ

エレスチャルクォーツは変化、変容の石で、混乱を明快さに変え、
人生の道を確かなものにします。
永遠なる自己とつながり、神聖な高次の導きと結びつき、
霊的な才能を開花させます。

長い年月をかけて年輪のように結晶を重ねたことから、超古代の記憶と
叡智を有しているクリスタルとされています。
特に、太古の水が閉じ込められていたエレスチャルクォーツは、
水に含まれるエッセンスが、人類や地球の未来と意義を教えてくれると
考えられているそうです。


                           ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇   


見方によっては、このエレスチャルクォーツの意味は、現状を変えてしまうという、
変化を恐れる人にとっては、めちゃめちゃ怖い石です。
見えない未来への不要な怖れを感じちゃうってことなのだと思うんです。

この現状を変えるということの中には、良いことも悪いことも含まれています。
転んだ子供にあえて、手を差し伸べず、自力で立ち上がるまで見守るというような
深い愛情をこのエレスチャルクォーツに感じるのです。


                         ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇  ◇



エレスチャル・クォーツの一面を見て、ふと浮かんだ言葉がある。
私の最近のマイブーム「Let Go」 。
手放すという意味なんだそうだ。

手放すってことは、・・・例えば妬み。
ということを手放すということにすると、
あの人のこんなところや、自分にされた悔しいことだとかを
ネガティブな気持ちで練りこんで、怨みという練り物にしてしまっている。
それを手放すものがなんであるか、それが怨みだということに気付かなくちゃならない。
気付いたら、手放そう手放そうとするのだけれど、
どうしても自分の気持ちがそこから離れない。

イメージで、怨みの感情を光で包み、空へ高く飛ばしましょう。
などと、どこかの書物で読んだ記憶があるのだけれども、
しかし、何度やっても飛ばないわけで、
なぜなら、そこの怨みが発生する原因が何だろうか?ということを
自分で考えようとしないで、どこぞのだれかの文章を読み、やる。
それって、自分の意思考えでなく、単なるアドバイス、人の意見なんだよね。

結局、いろんな感情は自分のものでしかないので、それを見つめ、
解析しないことには、
いくらイメージで怨みつらみなどのネガティブを飛ばしたって、
根っこがのこっているからにゃ、また、生えてくるってもんだ。

と思うわけです。


スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts