ブルーカイヤナイト

ブルーカイヤナイト という石のコト


カイヤタンブル

ブルーカイヤナイトは、珪酸アルミニウムが変成した鉱物で、アンダリュサイト「紅柱石」、
シリマナイト「珪線石」とは同質異像です。
三斜晶系の刃状結晶や柱状結晶、卓状結晶体などでよく見られ、その他には繊維状や
塊状で発見されることもあります。

色は、白色や帯緑色などのものもありますが、藍青色がこの鉱物特有の色とされています。

透明ないし半透明でガラス光沢があり、劈開は完全で、断口は不平坦状を示します。
高度は方向によって異なり、上下軸では4.5、これに直角には7で、そのため、ディスシーン
「二硬石」の別名もあります。

名称は、英名がギリシャ語で青色の意味の「Kyanos」に由来し、日本名は、この鉱物が結晶
しやすいことから藍晶石(らんしょうせき)となりました。

瞑想に優れた効果を発揮する石です。鎮静作用があり、高周波のエネルギーを強力に増
幅します。霊的エネルギーが思考の中で顕現するのを助けます。喉と咽頭を癒し、明確で
嘘のない、自信に満ちた自己表現とコミュニケーションを促します。
声に説得力が与えます。恐れや不安を断ち切り、ネガティブな要素を浄化します。

従順、適応、正常を表す鉱物とされています。
肉体と精神、感情のバランスを保って各々を提携させ、一つの大きな力ないして体中を満た
すよう導く力があると言われています。
直観力、洞察力を高めて霊性を養い、また、創造力、表現力を豊かに保つ働きがあると伝え
られています。

また、過去世を今一度振り返る時に、めぐり合う石とも言われています。




過去世というものなのですが、私は古代エジプトにいたそうです。
それを聞く前から、子供のころからエジプトが大好きです。
憧れの地でもあります。

長い間、このエジプトが大好きということさえ忘れていたのですが、先日、PANDORA
さんで、エジプトへ行かれる方が現地から絵葉書を送って下さると言う嬉しい企画があり、
私も応募しました。

そして、先日、エジプトからの絵葉書が届いていました。
ルクソール西岸の貴族の墓、ラモーゼの墓のレリーフの絵葉書。
裏面はその方からのインスピレーションメッセージです。
最初はピーンとこなかっただいぶぼんやりの私ですが、何度も読み返していると、私の脳みそを
開けて読んだ?と思える事が書かれていました。

「素直に率直に誠実に、地味な作業も丁寧にやれば、人生バラ色な気がします。」

ほんと、そうなのです。

主に仕事の事で、感情がムカッとかイラっとか瞬間的にすることがあります。
それをしてしまうと、めちゃめちゃしんどいのです。
だから、今、私は要らない感情が動かないように、訓練中です。

色々と困った言動をしてくれる職場の人は、ある意味、私に感情を動かさないようにする訓練を
自ら行ってくれる訓練師、教官の様なものです。

毎日、自分の感情を動かないように見張り分析し、そして、無駄なエネルギーを使わないこと。

そして、そこから多くの事を学ぶことが、人生バラ色へ続く道だよん。と、言ってくれた絵葉書
を書いてくださったAさんに大感謝です。

まだまだ、修行がたりませんなあ・・・。
がんばります。








スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts