ソーダライト

ソーダライト という石のコト


ソーダライト



ソーダライトは、ソーダライト・グループに属する鉱物で、霞石閃長岩(かすみい
しせんちょうがん)のようなソーダ分に富んでいて、珪酸に比較的乏しいアルカリ
火成岩の初成鉱物として産出します。

等軸晶系に属した斜方十二面体の結晶で発見されることもありますが、多くは塊
状や同心円状の団塊で見られます。
色は濃青色のもののほかに、無色や黄色、灰色、帯緑色、帯赤色のものなどが
あり、条痕は無色です。
半透明ないし不透明で、ごく稀には透明のものもあります。ガラス光沢から油脂
光沢を持ち、劈開は一方向に明瞭で、断口は不平坦状から貝殻状を示します。

濃青色の塊状石は、同じグループ中の鉱物ラピス・ラズリ「瑠璃」の類似石として
宝飾品などに用いられることもあります。
名称は、この鉱物がソーダ分を含有している事に由来します。

古くから、ラピス・ラズリと並行した歴史を持つ鉱物とされ、古代の墓では、本来
ラピス・ラズリであるべきところに、この鉱物が発見されています。

古代エジプトでは「悪霊を祓い、邪悪なものから身を守る石」として崇拝され、僧
侶たちの間でよく使用されていたと言われています。

恐怖心や心の混乱を鎮め、強い意志と鋭い直観力にも恵まれるようになると伝え
られています。理性的な行動が取れるよう導く力があるそうです。

古いパターンや罪、恐怖から人を解放し、穏やかな変化をもたらしてくれます。
調和と目的一致をもたらすので、仲間との信頼関係を結び、グループ行動を円滑
にしたい時に向いています。パニック発作を和らげ、心を鎮める効果があります。
代謝バランスを整え、免疫系、喉のチャクラを活性化します。


古くは目の病気の治療に用いられたとされ、他には新陳代謝を活発にして解毒作
用もあると言われています。



上記の石の意味の中にパニック発作と書かれていますが、私が思い浮かんだ
のは日常的に起こっている職場の人の心の中のパニックの事です。

職場で、お局様がおります。

この方、人を決めつけ、そして、こうあるべきだと決定づけ、自分の思い通りに
操作したがる人です。

職場は支店が全部で9つあるので、連絡事項を配信するのがけっこう大変。
毎年、配信係は持ち回り制で、担当を変えていきます。
今年は連絡係の命をこのお局様が賜りました。

このお局様も色々考えたようです。こうすれば連絡がスムーズにいくだろう、と。
「私が、みなさんをグループ分けをしました。今後は、この各グループで代表者
を出し、相談し意見をまとめ、私に提出するようにしてください。」

この連絡内容と言うのは毎月議題があって、それについて討論、意見を出すよう
に・・。というものなのです。

学生や主婦が多い職場なので、家庭の事、子供の事、進路の事、試験の事など
様々な理由があって、その議題についてなど考えている時間がない人が多く、
返信が少ないのが現状です。面倒と言えばそうなのですが。会社からお給料を
もらっている限り、要請がきたら少しは応えないとな~と、思います。少しね。

なのに、このお局様ときたら、その後もメールを配信したから見たかどうかの確
認メールを返してください。と、返すまで何度も電話連絡、メールでの強制要請
をしています。

案の定、従業員からは反発が怒涛のようにありました。

最初に自分ひとりの事ではないのだから、決めてしまう前に、
「これからこういうことをするので、皆さんどうでしょうか?」と、投げかけをすれば
また、違った展開になったのではないかな?と思うのです。


全員のメールの返信の確認だけにこだわらずに、もっと先にすることがあるだろ
うと思うのです。
お局様は、自分の考えが無意識に正しい、これは良いアイディアだ。と思ってい
たのに、何故か皆からの反発がある。どうしてかわからない。という心の中にパ
ニックが起こり、物事が見えて来ないのではないかと思います。見ていてそう思
うのです。

もう少し、心の事をじっくり考えて、思いやりを持って行動するということがこ
のお局様の課題だと思うのです。
急ぎ考えた事を急いて動いてしまう事を改め、それをしたい気持ちをこらえ、じ
っくり相手の立場、背景を考慮していけば、きっといい指導者になれるやも・・・
しれません。・・・たぶん・・。






スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts