天然石の専門用語

天然石の専門用語のコト


これってどういう意味やの?ってことを書き出します。
ちょっと知っていると理解度が違ってきます。


「色」 についてのコト

一種類の鉱物でも、さまざまな色の結晶があります。
基本として、鉱物の色には、「自色」と「他色」の2種類があります。
「自色」というのは、鉱物を構成する主成分による色。
「他色」というのは、中に含まれる不純物など、鉱物の主成分以外の原因による色のこと
を言います。


硫化鉱物の黒や真鍮色は自色ですが、他の多くの鉱物は他色です。
石英など珪酸を主成分とする鉱物もほとんどが他色で、石英の一種である水晶にも赤や青
のものがありますが、これも含有する不純物が原因です。

また、鉱物によっては見る角度によって色が変わるものもあり、これを多色性と言います。
例えば、菫青石(きんせいせき・アイオライト)はある方向から見ると青ですが、別の角度
から見るとスミレ色に見えます。この原因は、結晶が向きによって異なる性質を持つためで、
光の通る方向によって光の波長の吸収帯が変わることからです。

さらに、光源によって色が違って見えるものがあります。
これを変色性と言い、有名なのはアレキサンドライトで、太陽光の下では緑に見えますが、
白熱灯の下では赤く見えるのです。
また、カラーチェンジガーネットなどの石も同様です。



変色性って、人間でいえば、

「ちょーっと聞いてよ。あの人、私の前ではえらそーなこと言って、横柄な態度だったわヨ!
でも、上司の前では猫なで声で、従順よネ!」


って、困るもんですが、石の世界では美しいものです。
これって(変色性)、人間の決める勝手な価値観の様な気がしますけどね。
石は何も変えようとしていない。何も変わらずそこにいて、自分というものを示します。
他者と違う特性があるから価値があるというものでもないと感じるのです。








「条痕(じょうこん)」 についてのコト


不純物によって他色を持ったり、多色性、変色性などを示す鉱物でも、同じ種類の鉱物は、
粉末にするとほぼ一種類の色になります。
この粉末にした時の色を「条痕」と言います。

条痕を見るには、白い素焼きの板状である条痕板を使います。
条痕板に鉱物をこすりつけると個物の粉が板に付き、条痕が分かります。

鉱物には、見かけの色と、この条痕の色が異なるものが多くあります。
例えば、黄銅鉱(キャルコパイライト)は見た目は黄色ですが、条痕は黒です。
また、赤鉄鉱(ヘマタイト)は外観が黒ですが、条痕は赤です。

chalcopyrite 黄銅鉱 キャルコバイライト  hematite ヘマタイト ヘマタイト 
wikipediaより

粉末にすると、その鉱物の本来の色が出るのです。
そのため自色の鉱物なら、たいていその色を保ちます。顔料として使用できるのはこういっ
た鉱物で、日本でも群青色の原料として使われるラピスラズリはその代表的な石です。
同様にマラカイトも、美しい緑色を描き出します。古代より顔料として使われてきました。
クレオパトラがアイシャドーとして使ったと言われていますが、実際は、すりつぶすと毒
性があるので、化粧品として使われたかどうかは、定かではありません。タイムマシンが
あれば見に行きたいのですけれど。

しかし、他色の鉱物は外観の色と粉末にした時の色が全く変わってきます。
アメジストの美しい紫も他色ですから、すりつぶすと紫ではなく、白い粉になります。



昔、小学生の低学年の頃、アスファルトにろう石で、絵を描いてよく遊びました。
この石は、「滑石」という鉱物をチョーク状に切り出しているもので、「条痕」の性質を利用
したものです。自由なキャンパス(地面)に、思い切り書いてました。
楽しかったですね~~。


もう一度、小さい頃の楽しい思い出のページをめくってみる。
そうすると、なにかしら、今の自分に気づく事柄が隠されているように思える。
私は、時間を見つけて、絵を描いてみようかな。まずは、ノートの端っこから書いてみようかな。
どんどん広がる自分のワールド。





スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts