タイガーアイ

タイガーアイ という石のコト



タイガーアイ1



タイガーアイは、焦げ茶色に薄茶色の縞が入る力強いよく知られた石です。

アンフィボール(Amphibole)「角閃石」の一種のクロシドライト「青石綿」という鉱物
に石英がしみこんで硬くなり、その原石の青色が酸化して、金褐色や黄褐色に変
化したものを言います。
この鉱物が示す黄褐色の色は、鉄分を含有しているためで、脱色して淡黄色や
淡灰色にしたものは、キャッツ・アイ石の代用品とされています。
名称は、クロシドライトのインクルージョンによる繊維状組織を持っており、この鉱
物をカボションカット(半円形)すると、光線の反応「シャトヤンシー(キャッツアイ)」
で、トラの目のように見えることにちなんで命名されました。

主要産地の南アフリカに厚い板状で産し、稀にホークスアイをともないます。



古来、多くの国で、「魔を祓い幸運を招く石」として崇められてきました。
エジプト人は神々の像の目に「聖なる視野」として表し、ローマ人は霊力を授か
る護符として使用してきました。また、インド人はその色変わりする美しさから
最も貴重な宝石として珍重したと言われています。

防御、強さの面で強いパワーを持ち、地球と太陽のエネルギーを組み合わせて高
い波動状態を作り出します。
意図の明確さを促し、目標の完遂を助けます。自尊心、自己批判、想像力の行き
詰まりを癒し、克服する必要のある欠点を認識させます。

洞察力や決断力を高めると同時に、事業運や金運にも効くと信じられています。
タイガーアイに現れる「目」は、インスピレーションを活性する「能力の目」で、
知識や学習能力を高めます。試験前にそばに置いて勉強すると、自分と共に覚え
てくれる力を秘めているので、それを見ると、やってきたことをすべて思い出さ
せてくれる作用があるそうです。
現実的な物事を良い方向に動かす力もあるので、願い事がある時は、携帯している
と良い効果が得られます。

また、自分の進むべき道を示してくれるという意味もあります。

自分の進むべき道。
毎日毎秒、刻々と選択の道は無限に広がっていると思うのです。


その時の自分の判断力や波動力で、枝葉のように細かく道が分かれていく。

職場の話なのですが、
疑いの目を常に周りに向けている人の話です。

何かにつけ、「あの人はどうだ、この人はこうだ。」と言っている人がいます。

それを聞き、「自分は勝手に誰かのことを偏見の目で見て、決めつけている事は
ないだろうか」と、内省をするきっかけになり、とてもありがたいと、思うのです。

が、人の悪口を楽しそうに言っている人と、一緒に仕事をしていて楽しい人はいない
と思うのですよ。



ある人にこの話をしました。
そうすると、「ゆずかさんがその人のその生き方を残念に思っても、それをその人は、
選択しているんですよ。」と、教えてくれました。

そうか。
どういう道を行くのも、自分の今の考え方(判断力)なのだと、思いました。

自分の進むべき道をタイガーアイが照らしていても、それが見えないほどの暗い考え方だと、
違う道へ進んでしまうのかもしれないな。。。と、思うのです。




スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts