「かりよん」に来てくださって
ありがとう




今年、いや、すでにそれ以前に兆候はあったかもしれない。
うちの病院は社長さん格の先生が現場に出てくる。
その社長がこのところ、めっちゃ変。

この職場に3年いますが、面接当初の社長先生(としておこう)は、
立派な方で、色々と患者さんのことを深く考えていた。
ように記憶しており、尊敬していた。
だが、このところの社長先生はおかしいのだ。

どうおかしいかといえば、センスがないのかもしれないが、
もっとこの病院の来院数を上げるには・・・と、宣伝のことを
考えてみたものの、ポスターって、大事やん。それで印象が変わるからさ。
いつも「どこをポイントに置くか?」って、くどく言っているわりに、
デザインされた案を見たけど。。。。どこにポイントをおいているかわか
らないごちゃごちゃ感。で、


イモい(死語…イケてないというのか。野暮ったい。)

あと、自分のやり方をとことん、みんなに同じようにさせ、それを見て
「よしよし、俺の言うとおりにやってるな。うふ♪」てな感じで満足感を
そこで得ているのが、まるわかり

以前言っていた患者さんへの誘導をしたのに、「なぜだ?俺のやり方と違う。」
と、やんわりだが、追及する。(前に言ったじゃん。そっちがなぜだ?わい。)



忙しすぎて、暗ぁいところへつながってんのか?考えが変な所へいってんのか?

なんだか、話すたびに少しずつ
「この先生とは、ずれてきたなぁ・・・・」と思うことが多くなってきた。

社長がこんなんだから、部下は士気が下がるわなぁ。
売上に固執しているし、ま、たくさんの人を雇っているから、経営のことを
考えなくてはなりませんが、おかしいの。
私たちは人間なのよ。人の「心」ってもってんのよ。

なのに、「心」ないことをするのよ。

上がきちんと、しっかりと思いを固めていなければ、(下が)揺らいでいく。と、
聞いたことがある。それを今、旬で感じている。


今、変革の時。周りも自分も変わっていく。
この時期って、苦しいもんなのねえ~~。











ブログランキングに登録しています。
ありがとうございます 

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts