天使って

「かりよん」に来てくださって、
ありがとう


天使ってさ、自分がいかに偶像とか勝手なイメージをしていたか、

くるくるブロンドのきらきらまばゆい光をまとって空から舞い降りるってわけでなく、

さらりとオラクルカードにでてきそうなイケメン、美女、ってわけじゃないな。って思った。

ことが今朝、いつもの通勤電車の中であった。

私が乗った二駅目でいつのまにか乗り込んできたこじゃれたおばあちゃんがいた。
音楽聴きながら、携帯を見ていた私の視界にふっと入り込んできて、
話しかけてきはった。

次の駅を尋ねられたのが始まりで、

「アナウンスがよく聞こえなくて。   あなた、べっぴんさんやね」
「あらっ♪ありがとうございます。^-^ 朝から気分がいいですわ。」

「あなた、おばあさまと一緒に住んでいたことがある?」
「いえ、小さい頃はよく訪ねて行きましたが。」
「今は核家族が多いでしょ。お母さんはと言えば、片付けなさい!って、怒ってばかり、
でも、おばあちゃんは時間がたっぷりあるから、気持ちに余裕があるのよね。
だから、○○ちゃん、お庭のチューリップがきれいよ。って、情操教育ができるのよね。
今はそういうことがとても大事なのよね。」



と、そこまでで、電車が到着してしまったので、楽しい会話は終わったのですが、
今思うと、天使ではないかと思うのです。
天からのお使い。

勉強も大事だけれど、心の勉強が大事なんだと、それを豊かにしていくことが今後に
大きく関わってくるなぁと、ふかーく思ったのでした。







ありがとうございます。
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts