伊弉諾神宮3

今日も「ブログかりよん」に来て下さって、
ありがとうございます



昨日の続きです。
神殿でご挨拶をすませ、そのまま左手奥に進むと、また、神殿があります。
釜戸の神様や、スサナルノミコト、また、別の神殿では、天照大神、月読命もまつられていました。

そこから、右手の道案内のまま進むと、

立派な大木がありました。

夫婦楠1夫婦大楠1


それは夫婦大楠と言います。
もともとは一本ずつ楠でしたが、
いつしか夫婦のように寄り添う一本の大木となりました。


イザナギ、イザナミの夫婦和合の神様といういわれのある神宮にそびえ立つ、
優しい大木は、夫婦の絆、共に歩み、時には、辛いこともあるけれど、
それも大切な時間と教えてくれるような気がします。



あ~あ、昔はよかったなあ・・・なんて言わないで、
ほら思い出して、
あの時は、あんなに優しくしてくれて、嬉しかったなぁ。
あんなに大事に思い、そして愛しい存在だと思ったな。
って、こんな大事なこと忘れていた!



それを思い出させてくれる場所かもしれません。
優しくも暖かい場所です。





そこで、優しい心地良い雰囲気に包まれていると、自然に瞳がウルウルします。
魂が感動し、揺さぶられているかのようです。




そんな気持ちに浸っていると、
シャラララン
と何やら、その奥から、爽やかな鈴の音がします………。
続きは明日へ・・・。




今日はここまで!
来て下さって、ありがとうございます。








ブログランキングに登録しています。

応援、ありがとうございます 
嬉しいです!!ありがとうございます!





スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts