過ぎ去ったこと

今日も「ブログかりよん」に来て下さって、

本当にありがとう

過去にもご縁があったのかしら・・・





デジャブ・・・なんでしょう。


私は小学生の頃、とあるお城見学に学校から行きました。

また、ある日、同じお城におばあちゃんが連れていってくれました。

また、時は過ぎ、大人になり、大事な友人と同じお城に行きました。



そこへいくと、同じ気持ち、それが躍動感だったり、
悲しいようななんともいえない切ない気持ちと言うか…そんな気持ちを毎回覚えていたのです。




お城の高い窓から城下を見つめ、
もしかしたらあつかましくもお姫様だったかも?または、お女中さんだったかも、
いやいや、なんとなくそこで働く武士だったかと、思うこともあるのです。

懐かしい気持ちもあり、そこに自分がいたような気持ちに
感じることがありました。

そこでは、何を感じ、何を考え、何を見つめ、
何を愛してきたのだろう。
私は一生懸命、忠義をつくせただろうか?
私は愛する人をどれだけ、大切にできただろう?
どれだけの心根を育て、今に持ち帰ってこれたのであろう。
推し量ることはできるけれど、それを本当に量ることはできない。

今を振り返れ、
愛を籠めて、そして、時代を経て次へつなぐため。
あなたは今をどれだけ一所懸命にいきていますか?



遠くを見つめるのではなく、
今日一日を一所懸命生きよう。





あなたにも、
愛する人がそばにいますよ。





ブログランキングに登録しています
ポチッとおしてくださいね。
ありがとう!
今日もありがとう!!




スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts