鑑みる

今日もこちら「ブログかりよん」に来て下さって    

     ありがとうございます


今日はあなたは嫌だぁ!と言う感情を思うことはなく、幸せな日ですか?




鑑みる(カンガミル)




先日、
仕事場で、ちょっと難しい文章を読む機会があった。


難しい…と言うのは、通常の話し言葉では、
例えば、「あなたの質問に対して、答えますよ。」

を「貴殿の質疑に関しての回答書作成…云々」と漢字が多い文章だったのですが、


私の中で、初耳!って言葉がありました。



皆さんはご存じだと思いますが、
私は初めて聞いたような気がする言葉でした。





「かんがみる」





文章の中では、平仮名で、読みながら、意味が分からん。



でしたので、
上司に聞いてみました。


言葉はご存知でしたが、正確には「ちょっと曖昧かな。ググろう。(そこは調べようと言わないのかぁ~、と思った私)」



ネットの辞書で引いてみると、

「鑑みる・かんが-みる…過去の事例と照らし合わし、考えること」





これっ!

めちゃめちゃ大事やんか、私にとって!


例えば、過去に同僚に対して、憤りがかなりあったとします。(あったんです。)


それを分析する。


この場面で、
私は同僚に対して、腹を立てている。


なぜ、腹を立てているのか。

この感情はどの部分、同僚が発した言葉からなのか、


同僚の行動、態度、表情なのか。


これに対して、自分はコダワリを持っていたが為に、

こうしなくちゃならないというコダワリが表面化した為、

コダワリに反することなので、自分の思い通りにならなかったので、

腹を立てている。


という分析をした。

分析をしていくうちに、自分にはこのコダワリと感情は


自分の勝手な造り上げたもので、

感情を持ち上げる必要はない。

その感情を持ち上げるという無駄なエネルギーは、
体力を消費して、

疲れ、気持ちも暗くなり、憑かれてしまう。
だったら、止めよう。


コダワリを止めよう。


など、
分析してみた。



これを繰り返していくうちに、

いつの間にか、
同僚(同期だが、年下の女性)に対して、憤りは感じなくなり、今は可愛いと愛情さえ感じていることをありがたいと思っている。


彼女にはまだまだ、直していけば、もっと良い光るものがあるので、見守っていきたいです。





お店はこちら お店◎かりよん



いつもありがとうございます。感謝しています。
ブログランキングに登録しています。クリックお願いします。ありがとう!










スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts