チャプチャプ

こんな言葉があります。

「流れに身を任せる」

文面で知ってたけど、体感は今ひとつしていなかった。

海辺で、ボートに乗る機会があった。
昔はかなり不安定な海上が嫌いであった。
今もなお、苦手ではあるが。
なぜなら、

不安だから。
泳げないし。
地面に足が着いていないから。


波の上、ちゃっぷんちゃっぷんと、ボートはゆらゆらします。
むこーーーーの方から、漁船が来ます。
トレジャーボートが来ます。
ジェットスキーが来ます。

そのたびに、波が大きかったり小さかったりするが、
こちらに波が寄せてくる。
当然、ゆれるんです。恐い恐い!!と叫ぶ。

力を込めて踏ん張ると、立っていることはできますが、かなり体力を消耗します。
足も痛くなるし、日差しもあたって、全力でエネルギーを使っている状態です。

一緒にボートに乗っている友人は、
「(波が来たら)座ってしまえばいいねん。地べたに。」

波が来るとボートが波の大小はあれど、上へ下へゆれます。
そこへ、踏ん張ること・むやみに余計な力を使うことを止め、
べったりと座り込むとボートと一体化します。
ボートは力は使っていません。
ただ、流れに身を任しているだけです。

そうすると楽なのです。
余計な力を使って、エネルギーを消耗することもなく、
今の状況、海の香り、波の音、海水、お日様の光、自分の周りを楽しめるのです。

「これが、身を流れに任せるってことなんだなぁ」


日常においても、上から言われた決め事を、なにくそ!と反感していたり、
それって違うやんかいな。と、そればっかりに囚われたり、
いちいち、つっかっかっていたら、しんどいんですよね。

そんな出来事、言葉や態度やなんやかんやは、流しちゃえ。流しちゃえ。
そこに意識を集中すると、よってきちゃいます。ますます。
渦を巻くというか、引き寄せちゃうというか、ぐるんぐるん大きくなったそのいらないエネルギーって、
どうする?
自分が背負ってしんどいでしょう。
しんどいことは要りません。

しんどい気持ちを分析し、これはこっち、それはあっち、と、分けるんです。
そして、気持ちを流す。
流れに任す。
すると、楽しくなってきます。なんてこともないようになってきます。

毎日、暗い顔して過ごすより、楽しい楽しいで、過ごすほうがいいでしょう。

さあ、今日も流れに身を任せよう。





 余談ですが、私の天使はどんな天使なんだろう。
そう思って寝た日にゃ、あなた、ベルトの部分が黒い、真っ白なカンカン帽をかぶり、
タイトな真っ白なスーツに身をつつんだ、(桂)小枝ちゃんが
「まいどー」とは、さすがにいわなかったけど、ハグしてくれました。
いやーー、うれしかったけどね。なんで、小枝ちゃんなん?





スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts