Purple Fluorite

パープルフローライト・・・Purple Fluorite

フローライトは皆さんご存知だと思います。
その中に、色々な色の子たちがいるんです。
イエロー、グリーン、ブルー・・・
とーってもきれいです。見つめていると時間を忘れてしまいます。
これは、フローライトに限らずなんですが、
みんなめっちゃかわいいです♪

ま、そんな石キチはおいといて、

今日は、パープルフローライトの解説です。


            munakatasannsinn bules1-1

        ↑この中央のヘキサゴン形の石がパープルフローライトちゃんです♪

なんでも、ハロゲン化鉱物のひとつで、熱水鉱脈や温泉地帯に生成するそうです。
トルマリンを伴ったクォーツの結晶上をはじめとして、広く産出が認められています。

同一結晶中でも色が帯状に異なる「帯状構造」を現すものもあります。

日本名は、紫外線を当てると光を発し、蛍光現象がみられることから、
「ほたる石」ともいわれています。
とてもきれいな結晶型をしているので、だいたい産出されるのは
正六面体や正八面体、立方体やその集合体で発見されます。

古代エジプトでは、彫像やスカラベに使われ、古代中国、ローマでも、
彫刻の素材として広く利用されたそうです。

・・・意味・・・
フローライトは、精神性と霊体を結び、迷いに対して希望を導いてくれる、目覚めの
クリスタル。
アイディアやひらめきを助けるクォーツであり、その思わぬ思考の柔軟性によって、
まるで「暗闇の中に光を灯す」ように、落ち込んでいる人に希望の光と脱出へのヒント
を指し示してくれます。


そう、フローライトはそんな石なんです。
いつまでも子供の純粋な気持ちを忘れない、その無邪気な気持ちって、
大人になって、忙しくなると忘れがちですよね。
子供って、大人のこの固まっちゃってる石頭でしか考えてない事柄に、
かっつーんと、刺激をあたえてくれますね。
そして、微笑みも一緒にプレゼントしてくれる。
ちょっと、行き詰ったかな。。。ってときに、見つめているとほっと和む石です。



自分がいる環境にちょっと疲れているなら、フローライトを見つめて、
子供のころの自分の自由さを思い出して。


My shop Carillon へようこそ!




スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts