スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケリをつける

今の職場に移って、はや3ヶ月も終わろうとしている。

毎日、覚えることばかり、
そして接客業ということもあり、
お客様に教えていただくこともかなり多い。
へこんでいた時は、お客様と話すことで
和ませていただいて、笑顔を取り戻せることが多々ある。

店長が言うには、お客様はなんでもお見通し。
特に今の職場のお客様の年齢層が高いので、
私らのことは、寛大にみてくれている方が多い、と。
お客様に助けてもらうことが多いんやで~、と。

確かに、身に染みて感じることのひとつ。

お客様はありがたい存在だけど、
会社的には売り上げの数字を意識し、
前年の売り上げを超えろという指示についていけなくて、
非常にしんどい日が続く。

会社から、今更ながら
お客様に寄り添った商品のご提案をしましょう~と、
新しくひらめいたアイデアだと文書が送られてくる。

なんだかな~。
会社側からこの商品をお勧めです!と指示があっても
お客様が気に入らなければ、購入しない。
お客様がイメージする商品や、
好みに沿うものを提案するのが筋というものだろう。

お客様に寄り添ってなくて、自分の理想や
要求を強く持っているのが、会社というものか?と
改めて、大きく成長してきた会社というものの認識を固める。



さて、転職活動中に、実に働きたいな~と強く思っていたところがあった。

化粧品や雑貨等を扱ったところだったが、
結果は、不採用で今のところに勤めることに相成ったのだが。



それから3ヶ月後の先週、
久しぶりにその場所の前を偶然、通ったのだが、
なんと閉店していた~!!

ということは、もし、勤めることになっていたとしても、
またすぐに、転職活動しなくてはならなかったようだ。

それを思うと結果オーライってことか。

何故そこに勤めたかったかというと、
個人的に商品のクォリティーが高いと思ったこと、
そして、面接官の方の印象がとても良くて、
一緒に働けたらなぁと感じたからだった。

一時の目先のことだけに、惑わされないように…ってことだろうか。

不採用になって、がっかり気落ちして、
無念さを覚えた気持ちにケリをつけた…というか
ケリをつけるように促されたって感じだった。



と、まぁ、控えめながらも変わらずに
不思議なことを日々体感しております。

日々体感することが、
とてもとても大事なことで
愛おしいことだと感じ入っておりまする。




スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。