風の芸術

仕事が終わって、ドアを開け外へ出た瞬間に目に写ったのは
フェニックスかのような空模様。

右下のビルのちょうど上に羽を広げた鳥のような姿が浮かび上がっている。


fenix.jpg


今日は、空を眺めながら帰ったけど、
上空では風が強いみたいで、みるみるうちに雲の形が変わっていく。

フワフワのような、シルクのような、はたまたインド綿のような
肌触りが良くて、ホッとする生地のような美しい雲がたくさん空に浮かんでた。

そういえば、このところ
雨続きだったのもあって、雲の動きをゆっくりと眺める余裕がなかったかもしれない。

ホッとさせてくれた、風と雲の芸術に感謝した帰り道だった。

自然は本当に偉大だ。

もっと広くて地平線や水平線が見渡せる場所へ行けば
もっとたくさんの感動もあるかもしれない。

でも、こんな街中で(私の勤務先は田舎だけど・・・)
気づけばたくさんの感動があちこちにあるんだなと再確認した。


ってか
私はどこに目をつけて、目を向けていたのだろうか?
我を忘れてしまっていたのだろうか?
毎日の色んな人との関わりに気を取られていたのだろうか?

ああ~
心の余裕を保っておきたいと思っていたのに
いつの間にか、忙殺されてた~
しかも自分自身に!!

今、気づけて良かった!






スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts