art cloud

不思議雲が続いた。

久しぶりに晴れの空。

休みの日の夕方に見た、なんとなーく日本の形のような
龍のような形の雲と、うっすらと見える月。

綺麗な夕陽のグラデーションを見ながらその日は終わった。

art cloud6

moon_201512142143184c2.jpg



翌朝の今日。
ふと、空を見上げると不思議な雲が見える。
私の好きなさささーっと筆でなぞったような筋雲。
art cloud2

繊細でとても綺麗。
art cloud3

そして、なんて不思議な形なんだろう。
色んな目に見えないものが、見えている奥にいるような感じがする。
本当のものは、目に見えているという虚像、幻で
目くらましされているんだと、このところ、空を見る度感じる。
art cloud



ほんの5分ほどの間に出現したボーダーの雲。
鱗状というべきなのだろうか。
以前、知人に似たような画像を送った時に教えてもらったのが
トンデモ的に私に関わりのある存在の現れだという。
art cloud55

きっと、そうだと思う。
あんなにも太陽の光を受けて、輝きを増していながら、
私が認識したと確認したかのように、数秒で形を変えて消えていく。
art cloud4

もっともっと、空を眺めていたい。
この渇望にも似た気持ちはなんだろう。
懐かしい場所や、故郷を思う気持ちというというのは、こういう感覚のことだろうかと
トンデモ的に思う。




現在にいながら、どうしても納得できない感覚がこのところはっきりしてきた。
包まれていたベールがはがれたって感じかも。

今年の年初めから、急速に感じている「今」というものと
本当のところの自分という存在の感覚の違和感。

私は本当は、誰で、どこまで行きたくて、どこまで行きつきたいのか?
どんなビジョンを思い描いてこの先行くのだろうかと、不安と興奮が
ミックスされたような感じが強い。

まだ、私はこの世界から離れるわけにはいかない。
きっと、宙から見たらほんのわずかな時間の流れなんだろう。

物づくりをしている自分が関わる色んな人。
パーツを販売する人がいて、そのパーツを買い付け、発送作業や
ネットの管理をする人。
そして、そのパーツと出会えるタイミングが来た瞬間に
即座に自分と繋がるこの世界。
色んな人や国の文化が交り合って、一つのアクセサリーが出来上がる。
それはそれはとてもミステリアスなワールド。

アクセサリーが出来上がるまでに、綴られるストーリーが存在し、
それを身に着ける人が、また、新たなストーリーを創り出す。

私はそのために存在しているのだと思う。




少しの間忘れていたM神社というところが、全く関係のないブログ記事を
辿っていった先の初めて知ったブログで、その名前を目にした。

驚きと、なぜ今?
という疑問が渦巻く。

忘れてはいけない、やらなければいけないことがあるのかもしれない。


この空の芸術は、私に何を語るのかは、今は内緒なんだろうけれども
とてもとても懐かしくて、美しくて、心から輝くような想いが溢れだす。

幸せな気持ちにさえもなれる。
この気持ちを忘れないように、日々の色んな、色んな、いろーーーーんな
事を乗り越えて、こっち側においで・・・といっているのかもしれない。

この体あってのことだから、大事にしながら、
色んな事を学んで、楽しんでそっち側に行ける日を楽しみにしよう。

なんて、トンデモなことを考えるのだった。
そんなことを思わせてくれた不思議雲。




スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts