元気の素

最近、ハマっているものに、ガパオライスがありまーす^^


もともと、アジアンな雑貨や、料理が好きってことがあって
ナシゴレンとかたまーに、急に食べたくなって、帰宅が遅くても
作って食べていたこともあるほど。

ガパオライスは、何年も前から知っていたけれど、食べる機会も
目にする機会も全くなくて、情報だけが蓄積していた。


ガパオライスというのは、タイ料理で、とり肉とガパオ=ホーリーバジルを
炒めて、目玉焼きをトッピングするちょっとピリ辛スパイシーな料理。

このホーリーバジルに出会ったのが、数ヶ月前にアジアン雑貨屋さんに行った時のこと。
そこで、ここの店主さんがインドで買い付けたというホーリーバジルの
ネックレスと運命的な出会いをした。
とてもビーズとしては、小さいのだけれども、乾燥した美しく整ったもの。
なぜか、このネックレスに惹かれてしまった。
このネックレスに使われているビーズの名は、、「トゥルーシー」というのだという。

帰宅後、トゥルーシーを調べると、ホーリーバジルのことを指すとわかった。

トゥルーシーは、和名カミメボウキ(神目箒)といい、ヒンドゥー教では、
ラクシュミー女神の化身とまでもいわれている。

インド好きな私としては、惹かれずにはいられなかった^^




それから少し経って、ガパオライスのことなんて忘れていたのだけれど、
ある日、前々からお野菜セットを頼みたいな~と思っていたことを
思い出した。

「ナチュラルガーデンまえはたさん」
とこで、お野菜セットを頼みました。

届いたお野菜たちは、丁寧かつ、おされにラッピングされ、乙女心をくすぐる。
色とりどりの元気いっぱいのお野菜を見ていると、なんだか嬉しくなってしまった。

大好きなズッキーニ、ピーマン、茄子、ゴーヤー、などなどがあり、
おまけにホーリーバジルまで、プレゼントして下さったんですよ!
こりゃあ、ハーブティーに、ガパオライス、パスタに・・・色々作らにゃならん!
と、さっそく届いたお野菜たちで作ったガパオライス♪
↓ちょっとテーブルコーディネートもしてみました。

ガパオライス
ズッキーニ、茄子、パプリカとニンニクなどなど、おいしかったですぅ~
自然なお野菜のパワーがお口の中ではじけるー!
って感じでした。
まえはたさん、ありがとーございます。



もうひとつ、驚いたことがあったんですが、向かって右が市販のもの。
左がまえはたさんとこのきゅうりさん。

写真が下手なんで分かりにくいかと思いますが、色にご注目を。
市販のものが色が濃いくて、皮が硬く、
まえはたさんとこのは、皮が薄くて、緑色というより黄緑色よりで
かじると瑞々しい。
kyuuri.jpg

まえはたさんとこのきゅうりなんですが、手に取るとブルームという白い粉を吹いていた。
この粉というのは、自分の身を守る成分で自然なものだそう。

この粉があると水分の蒸発を防ぎ、
果実を環境の変化から身を守る働きをしているそうです。

まえはたさんちのきゅうりは、一口かじると
甘い!

きゅうりって甘いんだ~と、思わずびっくりしたよ~。


スーパーに行っても、なんて言うのかな~
元気の出ない素材が多くて、多くて。

買い物するのも苦労するくらい、買いたいと思えない昨今のお野菜事情。
身体がほしい!と思えない野菜が多いんだろうなと思う。

その点、まえはたさんとこのお野菜は、無農薬ということもあるけれど
お人柄や土地(いったことないけど)から、安心して食べたいと思える
野菜たちが育っている場所だと思う。

スーパーで見かける、異常なほどのでっかいお野菜を見かけ、
これが当たり前なんだと思っていたけど、実は、農薬や肥料のおかげで
大きくさせているということを、前にちらっとどこかで聞いたことがある。

そんな当たり前の育て方のように、一般化されているマニュアル農業って怖いなと思う。
そこまで考えて食べてないかもしれないけど、もうかれこれ何年も肉を
摂取しなくなって、野菜に目が行くようになると、野菜の果実として
出回るまでのことを考えてしまう。


エネルギー状態や、波動や、オーラが目に見えるわけでないんだけど、
どういうのが元気がある状態かどうか、ってのは、石はなんとなく
今まで付き合ってきたから、わかるような気がする。

植物たちも、葉の艶とか枝の伸び方とかで、良い状態かどうか
これもなんとなーく感じる程度だけど、わかる。

良い状態でエネルギッシュな土地で、育ったものはとり込むと
内側から元気になるような気がする。

物質的な食べ物がチャクラにどう関係していくかとかは、わかんないけど
イメージでは、食べたものの気がくるくると回りながら、喉や胸、腹のチャクラを
癒してくれているような気がするんだな~。

で、そういったエネルギッシュなものを食べたら元気が出るわけですな。
あくまでイメージだけど。

身体ができるだけ、欲しいと感じている物をとるように心がけている。
夏の暑い日は、酢の物やトマトがほしかったり、
冷房で冷えてきた時は、暖かいお白湯がおいしかったり。

だんだん、加齢とともに身体の声が聞こえるようになってきた。
身体においしいものを食べて、ババアになっていきたいもんだ。


スポンサーサイト

Comment

maehata #-

ありがとうございます

夏が旬のトマトやキュウリは体を冷やしてくれたり、と
旬の野菜はやっぱり体に良い様にできているんですよね~。

ゆずかさんの元気の素の一部に野菜さん達がなれて
しかも美味しく大切に料理して下さって、農家冥利につきます。
嬉し泣きしそうです!
野菜やお米達に教えられることもしばしばですが、
自分たちに出来る野菜やお米作りを地道に頑張っていきます(^^)

2015/09/02 (Wed) 22:34 | URL | 編集 | 返信
ゆずか #-

maehataさんへ

夏の暑い日には、トマト、ゴーヤ、きゅうり、瓜たちが
きっとサインを送っているんだと思います。
おれっちたちを食べて、熱々を冷ましなせぇって。
だから、無性に食べたくなるんだと思ってます。

植物にたくさん教えてもらってますし、石たちもしかり。

日々、自然と学び歩んでいるmaehataさんたちなら
尚更、強く感じられていると思います。

これからも、おいしいお野菜たちをお願いします。
楽しみにしております。

2015/09/03 (Thu) 20:04 | URL | 編集 | 返信

Post Comment

非公開コメント

Latest posts