my sweet heart

身体に何百とあるツボの中に「だん中」という名前のツボがあるそうで。

だん中は、両方の乳頭と正中線(身体を左右対称に区切った線)
とを結んだ線上にある。

だんちゅう

仕事柄(整骨院勤務)、東洋医学の本は職場にあるので
パラパラ見ていたら、そういや、何年か昔に押さえて
すごく痛かったのを思い出した。

あれ、めっちゃ痛かったな~
と、よせばいいのに、ぐぃっと強めに押してみた。
(☆O☆;)うが======!!

飛び上がりたくなるほど、痛かった。
(仕事中だったので、飛び上がれなかった…)
ここが痛いと、気詰まりなんですと。
ここは感情エネルギーの溜まり場らしいです。

東洋医学的に、「気滞(きたい)」が発生している状態だとか。
生命エネルギーである「気」。
経絡という気の通り道が詰まってしまうわけです。


人間、生きていたらそりゃもう、ストレスなどあるわけですよ。
私も、痛みがあるのは、単にストレスかな~なんて思っていたんです。

この痛みに気が付いたのは、先週のこと。
その日一日中、気になっては押しては、悶絶・・・を繰り返していた。

翌日は、痛かったことを忘れていて、身体を洗う時に
石けんの泡でサッと滑っただけでも、びっくりするぐらい痛かった。

でも、毎日押していたのでした。
なぜかそうしなくては、いけないという気持ちでいた。

3日ほどしたある日、その日は春一番でもないのに
雨風がひどくて、どうしちゃったんだろうこの天気は?
季節の変わり目だからだろうか?
なんてのん気に思っていた。


久しぶりに早めに仕事が終わったので、ショッピングでもと
近くのモールへ出かけた。
この日も風が強くて、雨こそ降ってはいなかったけど
ざわざわと心までが騒がしかった。

ぶらぶらと洋服を見たり、靴を見たりして
そろそろ帰ろうかな~と、薄暗くなったモールを一人あるていた。

若い桜の木が、満開を過ぎ、ハラハラと散り始めていた前を通った時に
急に、妄想モードが始まった。

とっても大事なハニーを思い出していた。もちろん、このハニーは今、この世界にはいない。

妄想モードの私は男性で、このハニーのことを大切に思っていた。
とてもこのハニーを大切に思っていたのに、悲しい思いをさせてしまった。
そんな思いが湧きあがり、ハラハラと風に散る桜の花びらを見ながら
妄想ハニーをギュッとハグした。

猛烈に切なくなってしまいウルウルとした。


その翌日も、風は強かったが、だんだんと天候も回復に向かっていた。
空はシュッシュッと筆で描いたような細い雲がたくさん連なっていた。

ん?
あれ?だん中が痛くない。

ためしにむぎゅーー!と強めにぐりぐり押してみてもなんともない。
え??
何が詰まっていたのか!?

あ!
もしかして、まったくもって妄想でしかないのだけれど
マイハニーのことを思い出したからなのかもしれない!

何の根拠もないけれど、そう確信の思いがあった。
以前、記事に上げたと思うけれど
夢で、古代の時代に私は男性で人生を送っていたことを見ていた。

どうやら前世のどこかで、その人生を送っていたようだ。

トンデモな話であるが、その人生の中でとても大事にしていたハニーがいた。
喧嘩もするし、互いに言いたいことを遠慮せず言い合って
納得するまで、素直に自分の気持ちを話をしていたようなビジョンが浮かぶ。

互いに尊敬し合い、相手を尊重していた。
古代の村で、一族が同じような思いで暮らしていた。

小学生のころだったか、絵本で古事記の話を描いたものを
何度も読んでいた。
社会科で日本の歴史で好きな時代は縄文時代。

今思えば納得なのだ。


そういや、昔は特殊な能力を持っている人にしか過去世を見たり
未来を読めたりできるのだと思っていたけれど
この数年の夢の内容だったり、ふと浮かんできたビジョンなどを
分析していくと、誰しも持ち合わせていることなんだろうなあと
思えるようになってきた。

こういう妄想を見過ごさず、気にせず生きてきたけれど
自分が感じることをちゃんと受け止める大切さに
ようやく向き合えてきたなあと、しみじみ思うのです。



スポンサーサイト

Comment

きのこ♪ #WO.8kER.

痛いです

そのツボを押してみたらものすごく痛かったです!
そういえば、7、8年前、キネシオロジーを受けに行くたびに「毎日ここを押してください。痛いけど頑張ってしっかり押してね」と宿題を出されていたことを思いだしました

いつのまにかキネシには行かなくなってしまったし、ツボのことも忘れてたけど、これだけ痛いってことは今も何か詰まってるんですね
痛いけどしっかり押して、解放できるといいなぁ(>_<)

2015/04/28 (Tue) 08:41 | URL | 編集 | 返信
ゆずか #-

きのこ♪さん

色々とだん中のことを調べていたら
背中を丸めて、体を縮めて暮していると
ここのツボ付近に負荷がかかるのだそうです。
肺に近いですし、ゆっくりと深く呼吸ができるように
ストレスを解放していきたいですね。

2015/04/29 (Wed) 06:57 | URL | 編集 | 返信
M氏 #-

ご無沙汰してます。

いつもありがとうございます。
「だん中」は、ハートチャクラに相当するんでしょうかね?
10年以上前ですが、私はここを強打して胸骨を骨折しましたが、
そのことで詰まっていたモノを解放することができたようです。
もちろん、自分の内面を見詰めて掘り下げていくことに際限はあり
ませんので、今でも頻繁にこの周辺が疼きます。
でも、不思議なことに、その疼きと同時にとても暖かくて心地良い
エネルギーを感受して歓んでいる自分がいるのです。

ちなみに、私たちは今、自分の中の古い記憶を感じたり思い出して、
それらを否定したり切り捨てたりしないで、認めてあげて感謝する、
すなわち「ぎゅう」をしてあげることが必要だと日々痛感しています。
「ぎゅう」することによってのみエネルギーの転換が起こるのだと思いますし、言い換えれば水に流せるということなのかも知れません。
自己の内面と向かい合うことに際限はないので、お互い、解放に向けて焦らず急がず一歩一歩取り組んでいきたいものですね。
長いコメントになってしまい失礼しました(汗)

2015/05/05 (Tue) 11:08 | URL | 編集 | 返信
ゆずか #-

M氏さんへ

コメントをありがとうございます。
チャクラとだん中の関係性は詳しくはわかりませんが
同じような位置にあるので、その関係性は否めないと思います。

東洋医学の経絡と仏教やヨーガのチャクラと近いものがありますね。
どちらも心に関するものなので、ここが痛いということは
詰まりや気づかなくてはならないものがたくさんあると思います。

私は今、解放へ向けて色んな痛みと向き合っていると思います。
まだまだ、押すとだん中は痛みがありますので、どんどんと
痛みの原因を探って、どんどん解放してあげたいと思います。

たくさん痛みを「ぎゅうっ」としてあげたいです。

ありがとうございます。

2015/05/05 (Tue) 23:51 | URL | 編集 | 返信

Post Comment

非公開コメント

Latest posts