スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

解放①

プチ旅行記。

神戸市立博物館で、今月12日までエジプト展をやっていた。
どうしても最後に行きたくて、その前日の日曜日に行ってきた。

出かける用意をしている最中にふと、ハトホルのことが浮かんだ。
なんとなく
『来なくていいよ』
と言っているようだ。

なんで?と聞くと
『・・・混み合ってるからね』
みたいな感覚なんですな。

ピンとこなかったけど、この機を逃したらもう会えないんだよ!
というと(妄想ですからね)
くすりと笑って『・・じゃあ、好きにしたらいいよ』
という感じだった。

混み合ってるのは予想はしていた。
でも、実際に行ってみて驚いた。

博物館を半周してチケット購入のために列ができていたのだ。
こ・・これのことを言っていたのか~!
と、現実味のない予想をしていた自分にガクリ・・・。

しかも、博物館の係員が言うことにゃ
「チケット購入に30分、入館に10分かかります」
これを聞いて、「え~!?まじで~」と、どよめく人もいた。

この人数じゃ、それも仕方あるまい。と、思い列に並んでいた。
ビル風がすこし離れた筋を歩く人を襲う。
この日は、何故か出かける数時間前から突然、突風が吹き始めた。
・・・さすがに鈍い私もちょっと気付いた。

なんだか(トンデモ的に)出かける日に限って、強風が吹くのはなぜだ?
意味があるのだろうか?
と、友人Tさんに列に並んでいる間にこの内容でメールした。

♪♪♪メールの着信。
「たまたまゆずかさんのブログ記事の石の話を読んでいたら
このメールが来たってことで、意味あるんじゃない?w」

ですよね~。
鈍い私にでもわかりやすいように、突風が吹く・・・。
この関係性は後日、思い出したらロッドで聞いてみたい。


チケット購入と入館までおよそ40分かかると聞いていたのが
20分足らずで入館できた。

若干、混み合っていたけれど展示フロアは、人をすり抜け
見たいところをピックアップして見ることができた。

ハトホル~♪会いたかったよ~
と、列の最後尾に並ぶと、少し前後の人との間隔が空いた。

ハトホルの説明書きが下にあったので、それを見るふりをして
頭を下げた。挨拶のつもりだった。

そうすると、ふわり・・・と頭に手を置くビジョンが。
まるで、ハトホルにハグされているかのようにまわりの雰囲気が変わる。
前に来た時もこの感覚があった。
妄想かもしれないけれど。

時間にして1、2分だと思う。
後続の人が来たので、その場を離れ、展示ブースの
人が少ないところを見て回る。


シストラムと呼ばれる神にささげる楽器がある。
女神が喜ぶ音を神事の際に鳴らして捧げたと
説明に書いてあったと記憶している。
シストラム
これは博物館のサイトから借用。

色々な形のシストラムがあったが、私が記憶しているのは
少しチーズのように黄みがかった乳白色のものでファイアンス製。
ファイアンスとは陶磁器の名称。
6センチ角ほどのやや長方形の上部に、持ち手がついていて
上部にはカルトゥーシュと呼ばれる文字が書かれていたような・・・。
くっきりとその文字は見えなかったのでたぶん…の領域。

シャラシャラと心地良い音を響かせていた。
これは事前にこの音を録音したものを展示ブースの上の
スピーカーから鳴らしていた。

そこから戻って、またハトホル像のところへ戻った。
そろそろ、おいとませねばなるまい・・・と最後にハトホルの顔を見て
次のフロアへ行こうと思ったからだ。

・・ふと、ビジョンが浮かぶ。

親しげに二人の女性が笑いながら歩いている。
服装は古代エジプトの女官なのかな?というイメージで
身体にぴったりと沿ったラインの服、白でドレープが美しい。
こちらを向いて笑っている女性は髪をきっちりまとめ上げ
細いリボンのような紐のようなもので髪全体を包み込んでいる。
古代ギリシャの女性のような髪型。

昔懐かしいイメージだったので、あれ?私はエジプトにいた前世があって
その時は女性だっけ?男性だったような気がするんだけど。
そう思っていた。

これも友人Tさんに話すと
「それはゆずかさんが懐かしい気持ちで来てくれたから
歓迎の意味のビジョンじゃないかな」と話してくれた。

そっか、そうだな。
これはそういう意味があるビジョンだな~と納得。
ほんと、Tさんには色々と自分だけじゃできない解釈を
導いてもらって感謝してます。


その後、アクセサリーを展示しているブースに移動。
人が多くて、見れないブースもある。

ふと、隙間があいて見ることができる。
もしかして、こういう場所で見ることができるのは自分に
縁がある、または何か意味があるものをちゃんと見るのだろうか?
そう思うと、面白いことにちゃんと見なさいと言わんばかりに人がいなくなる。

カノプス壷と呼ばれるミイラにされた死者の内臓を保存する壷や
その当時の王が幼児の姿で女神に抱かれる像などが見れた。

これも意味があるんだね~。
こういうモードで行くと、どうもあちこちでトンデモ発動になるなw




・・・解放②へ続く



スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。