回帰

数ヶ月前に神戸で、メトロポリタン博物館所蔵の
エジプトの美術品が公開されると友人から聞いた。

しばらくそのことを忘れていたけど、また友人からなにかの
メールの折に前売りチケットを買う話しを聞き、やっと思い出した。

めったに博物館などにご縁がなく、しかも前売りチケットも
コンビニの発券機で買ったことのなかった私。

初めてローソンのロッピーで発券し、購入。
新しいことがまたひとつできた。こういうことも嬉しいできごと^^

当日は、早めに出かける予定だったが、色々と用事をして
家事をして、お昼を食べてのんびりしてから出かけた。

電車に乗り始めて、猛烈に眠気がやってきた。
最近の特技と化してきている。


神戸市立博物館には初めて行くので、当てにできない方向感覚を頼りに
キョロキョロしながら歩いていたが、古き良き時代の
旧居留地の建物の雰囲気を楽しんで歩けた。

外観もさることながら、その素材の質感も趣がある。
神戸の町の楽しみ方の一つでもあると思う。

そうこうするうちに博物館に到着。
さて、いよいよ私が好きな時代の芸術品と対面だ。

今回の展示品は、エジプトの女王と女神というテーマで
主にハトシェプスト女王が取り上げられていた。

私は何故だか女性でありながら王として
エジプトを統治していたハトシェプスト女王に惹かれる。

数年前に友人から、ハトシェプスト女王の宮殿が印刷された絵はがきを
もらった時にそれがわかった。
それを見た途端、目が熱くなり涙ぐんでしまったからだ。

どういう縁なのだろうかと思うと、不思議に同じイメージがわく。
その時代の私は10代の男性、物陰から宮殿らしきものを覗いている・・・
そんなイメージなのだ。


会場に入ると一番始めに迎えてくれたのは、ハトシェプスト女王の頭部の彫像。
穏やかでにこやかな笑顔。

ああ、会いたかった。
やっと会えた。
久しぶりに友人に会ったような感覚だった。

行った時間が夕方だったので、会場にいる人の数はまばらで
比較的じっくりとハトシェプスト女王の顔を見ることができた。

会期中に何度でも来たいと思っているので、また会おうと告げ
その場を離れた。
ハトシェプスト女王のスフィンクスや、様々な女王の像、レリーフが並ぶ。

スカラベの裏側に女王の即位名「マアトカーラー」と刻まれたものや
いくつものスカラベがあった。
とても細かい作業の賜物だ。

次に「愛と美の女神ハトホル」のコーナーに来た。

いくつものハトホルの彫像があったが
一つの美しいハトホルの彫り物の前に行った。

それは、建物装飾であるスギで作られたハトホルの頭部。

(こんにちは。)と挨拶をすると
「ようきた」と言われたような気がした。

私が会いたかったのはもちろんハトシェプスト女王でもあるのだが
ハトホルでもあったようだ。

(会いたかった)そう思った。
「ようやく会えたな」
そんな風に言われたような気がした。
(そのようです。会えてよかった。)
あとはただただ、ハトホルを見つめるだけだった。


他のお客さんが、見に来たので、その場を離れるも
どうもハトホルが気になって仕方がない。
振り返って見ると、誰もその前にいないのでまたそこへ行く。

どうも何かハトホルは伝えたかったらしい。
肝心の私はよくわかっていない。

前世で何かあったのには違いない、そう思っている。

たとえそれが誰かの記憶をダウンロードしてあったとしても
その中に学ぶべきテーマがある。
それを見つけ出して、考え、反省し、今後に役立てたいと思う。

それがこれから先の自分への愛情のあかしだと思う。


今、世界も自分の住む世界の関わりのある人たちも
色々と局面を迎えていると思う。
私でさえ、毎日のように考えることが多いのだから、他の皆はきっとあるはず。

前世は単なる人生のサンプルでしかないかもしれない。
今の自分ではわからないかもしれないが、そこには今後の進展の
ヒントが隠されているかと思っている。

ふわふわキラキラした前世への憧れでなく
前世の自分が、歴史上の人物であればその背景。
または気になる時代があれば、その背景。
そこに学ぶことがあるはずだと、最近は富に思えて仕方ない。

スポンサーサイト

Comment

riria* #-

≪これから先の自分への愛情のあかし≫
とても心に残りました。
良い美術展へ行けて良かったですね!
しかも・・・♪心の奥が良い意味で震えるような感覚を味わえたみたいだし、きっと何かメッセージがあったのでしょうね+・(о´▽`о)゜+・
今後の進展が楽しみです!

2014/10/16 (Thu) 21:47 | URL | 編集 | 返信
ゆずか #-

riria*さん

riria*さん
心から感じることを素直に表現したいなと思うんです。
心の自由度を広げたいなと。

過去世に縛られるんじゃなく、そこから
羽ばたけるよう意識を向けたいなと思ってます。

2014/10/17 (Fri) 06:19 | URL | 編集 | 返信

Post Comment

非公開コメント

Latest posts