分離

今朝、起きてすぐに洗濯物カゴを取りにベランダに出た。

目に飛び込んできた光景は、上下を分かつ景色だった。
広域にわたる半円状の一本の線と、その半円内の乳白色。
乳白色の雲に朝日があたり、うっすらとサーモンピンクに染まっている。

140923_0555~01-1140923_0556~02-1
140923_0556~02140923_0556~04



『分離』

この言葉が思い浮かんだ。

この空の光景の下3分の1が淡いサーモンピンク、その上部が水色。
それはそれは美しく、見とれてしまった。

ちょうど私と対峙するサーモンピンクの雲のあたりから何か意識を感じる。

ロッドを取り出し、聞いてみる。

これは私に関係した存在である=yes
霊的存在である=yes
ケムトレイルである=no
人工物である=no

自然のものである=yes(微妙)
エーテル体の変化したものである=yes


今日は、秋分の日。
この日は、二十四節気の第16。昼と夜の長さが等しくなる日だそうだ。

特別、意識したことがなかった秋分の日。
今の自分は、何かに傾倒しすぎていないか、自分が暮らし良いからといって
他人に迷惑をかけていないか、また、低級霊に取り憑かれていないかなど
自分の今の状況を振り返る時期なんだろうなと思う。

私は低級霊に取り憑かれてない?=yes
ほんまにそうなん?=yes

と、しつこく疑ってみる。

でも、取り憑かれたらこんなことすら聞かないかもしれない。
渦中にいると、わからないものですから。





スポンサーサイト

Comment

ゆみ #-

きれい!

これはすごい光景ですね~
空に新しい陸地が出来てるみたい。
ゆずかさんの新しい地平、って感じがします

2014/09/25 (Thu) 19:42 | URL | 編集 | 返信
ゆずか #-

ゆみさん

ほんとにきれいでしたよ^^
この辺り一面を包んでいた穏やかな波動は
何とも表現しがたかったです。

新展開なんでしょうね。

私もそんな気がします^^

2014/09/27 (Sat) 07:06 | URL | 編集 | 返信

Post Comment

非公開コメント

Latest posts