惑い

先週、店長に辞める意志を伝えた。

伝えるまでは、どんだけ罵声を浴びせられるのかも知れないが
とにかく、辞める理由を伝えよう!
そう息巻いていた。

掛け持ちを始めて、以前からあった腰痛が勃発。
この痛みに耐えながら、多忙な仕事内容はキツすぎる。
一緒に、働くスタッフさんたちは、よく気がつき、クルクル動く明るい人ばかり。

この腰痛の原因は、店長なんだと自覚している。
この店長がそばにいると、ちょー圧迫感がある。

少し離れて、奥のスタッフルームか倉庫に行くと、場の空気が変わるほどだ。
で、また近づいてくるとその存在感で気づく。

一瞬、自分はエスパーになったのかと思ったくらいだ。
存在感をキャッチできるなんて・・・と。


ま、それはさておき・・・。

さあ、罵声よ、どんときやがれ!と店長に話があると切り出す。
で、ヘルニア(腰痛)を理由に辞めたいと店長に伝えると

店「いつまでに?」
私「今月いっぱいはシフトが入っているので、それまでは仕事させていだきますが
治療に専念したいので、できたら早めに。」
店「週に一回だけでも、協力してくれたら助かるんやけどなあ。
モーニングメニューできるだろ?」
私「それくらいしかできませんけど・・・」
店「ま、月末にまた一緒に考えましょう。」
私「う~ん、10月半ばで辞めたいのですけど。」
店「また、月末に考えましょ。ヘルニアなあ、痛いよな。
俺も持ってるもん、わかるわ。」

辞める意思をとりあえず伝えました。
私にしては、がんばったんです、これでも。

はっきりとは返事がもらえなかったけれど
私にしちゃ意思を伝えることができたので、GJ!
一歩進んだ。



それから、次のシフトの時、なぜだか店長が妙に親切だった。

ハムサンドの注文が入った時、私と店長ともう一人いたけど
もう一人の人は、オムライスなどの調理担当なので
私がいるサンドイッチ系やスイーツ系のことはわからない。

店「ハムサンドわかるか~?」
私「わかりません!」
店「じゃあ、見といてよ。最初にパンをトースターにかけて~」

と、親切に教えてくれた。

ちゃんと教えることができるんだと、思っていたら
やっぱりしばらくしたら、どこかに行ってしまいました・・・。

また、放置か~。(休憩かもしれない・・・)

他のスタッフは確かにいますが、ホールの人ばかりで
サンドイッチ系が分かる人がいなくて、不安に思っていたら・・・

ピコピコと注文が通った合図がきた!!
作ったことのない注文がきたーーー!(゜o゜)ひーーーー!

入ったばっかりの時に、見てて、作り方だけは
教えてもらっていたので、不安ながらもできたが
盛り付けがいまいちわからず、ホールの人に確認して何とか出せた。

いや、あかんやろ、こんなんでは・・・(汗
こういうところが、私は納得いかん。


一緒に働くスタッフさんと、一部の社員さんはマトモである。
これからも一緒に働くつもりで、色々教えてくれる。

スタッフ数はかなり多いので、あまり会わない人もいるが
働きやすいように気を使って、教えてくれる。

なので、少し情が動く。
辞めてしまって良いのだろうか・・・?と。

迷う思いがあることながら、どうにもこの腰痛が悪化の一歩をたどるばかり。
稼ぎに来てるのに、治療費という出費が多いのは割に合わない。

ほんと、良い経験を毎回させてもらってます。



スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts