変わり目

掛け持ちを始めて、2週目突入。
帰宅が深夜に及ぶこと2回。

非常に寝不足に陥り、現状は居眠りしやすくなった。
変成意識状態といえば聞こえが良いけど、フラフラな感じだ。
昼間、受付の仕事をしながら、パソコン前に座るといつのまにか
目をつむっていたり、船漕ぎそうになったり・・・。

掛け持ちの今後を考えなくてはならないと、もう思っている。

夜はすぐに爆睡してしまうので、夢などすっかり見なくなったと思っていたら
お話会の2日後くらいに妙にくっきりした夢を見た。

場所はどこだろう。
深い森の奥のような、湿度がある感じである。
寒くはない。
巨大なキノコが生えているような感じでもある。

少し先に、知った人がいた。
右手にはガラ携をもっている。
そのガラ携の先に、ライトが付いている。
ウルトラマンのライトのような感じで持っている。

右手をかざしながら、その人は走り出した。

走り出したのを見て、この先がどうなるのかと気になったのでついていった。
その人についていかなくちゃと思ったのもあったが、途中で
それは違うような気がした。
しばらく、走ったその人は、ある地点で止まり
ガラ携を操作して、目的地点を検索。
ここが目的地であることを確認したようだ。
また、ガラ携を操作すると、その人の周りの砂がすこし隆起して
ドーナツ型に盛り上がる。
中心部が開き、その人はそこへ下りた。
進んで落ちたという感でもある。

私はその前まで行き、降りていかなくちゃと思ったが
どこからか
「自分で考え、そして道を選べ」
そう聞こえた。
やや男性よりの声だった。

そうか、誰かを真似るのではなく自分で考えて判断するんだと
気が付いた。
夢の中で思いとどまった。

その辺りで目が覚めた。



明晰夢であった。
くっきりとした陰影もあり、光があたっていた。
ぼんやりとした輪郭でもなく、いまだに思い返してもくっきり見える。

お話会に参加したり、高野山や
色んな場所へ行った後の数日の間に起こる不思議な現象の一つ。

夢であったり、空に浮かぶ雲だったりと、何かしらメッセージをもらう。
普段、いかにそちらに焦点を合わせてないとも言える。

いつでも、そばにメッセージはある。
陶酔でもなんでもなく、人は常に見守られているのだと感じている。


スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts