縁起担いで

昨日、掛け持ち先に契約をするために行ってきた。

メインの整骨院の仕事中、ふと、ここの仕事が終わってから
掛け持ち先に行くことを思い出しては緊張。
弱たんですわ。ヘタレですわ。


そんなこんなで、緊張しながら掛け持ち先の店を訪れると
一瞬、星舟庵のゆみさんかと思った美人が、笑顔で迎えてくれた。
年の頃は、30台かな?って感じで、緊張していた私は
ゆみさん似の人の笑顔に緊張がほぐれたのは言うまでもない。

面接に行った日にいた、笑顔がなかった人とはえらい差である。
笑顔ってほんと大事ね。
私も普段、笑顔ができているかと今日一日、自己チェックしていたよ。

2人の女性が、ホールにいらしたのだが、にこやかな笑顔だった。
ホッと気持ちがなごみ、緊張もほぐれた。
そして、別室に通された。

すでに、一人の女の子がいた。学生さんのようだ。
そして、そこにいた今日の契約担当者は
どうやらキッチンを担当していると思われた。

右肩にケチャップか、デミグラスソースが飛んだような跡があったからだ。
その担当氏は、例えて言えば
ドラマに出てきそうな爽やか系男子ってとこだろう。

「ゆずかさんは、キッチン担当ですよね?」
「いえ、まだ、どちらかは聞いていないのですが・・・」
ということで、私はキッチンを担当することになった。
ホールは全く自信がないので、キッチンで良かったと思った。



来月頭から、出勤が決まったが、今回、なぜにこんなにスムーズに
仕事が決まったのかと思ったので、やったことを書き連ねてみた。

●面接の約束を取り付けた後、買い物に寄ったスーパーで
 たまたま、総菜コーナーでお赤飯が目につき、これは前祝いってことで
 お赤飯と祝い酒じゃ♪と、ビールも一緒に買った。

●決まったらいいなあ♪とテンション上げて働けるイメージで面接まで妄想。

●とりあえず応募の段階から、何故か、携帯に掛け持ち先の電話番号を登録。

●決まった前提で、整骨院の後輩にシフトを変更してもらい、私の代わりに
 入ってもらう話をしていた。まだ、面接も行ってないのに。
 早い段階での段取りを取っていた。

●求人誌を見て、電話をかけ、面接と採用決定まで1週間だった!
 今までの最短の願望成就の結果です。

未来予想図を描いて、さも、叶ったようなイメージを持つことで
願いが叶うと、どこぞの本に書いてあったかと思うが
なるほどなあと、ちょっとはわかった気になった。

時間の流れが速くなっているのも考えられる。
願望成就に繋がるのは、もう一つ肝心なことがあるように思ったことがある。

頭の中身が片づいている感がある。
今まで、不必要な考え方がたくさんあって、まとわりついていたかと思う。

それが、少しはマシなような感じがする。

例えて言えば、自分の前には目的地へと続く道がある。
けれど、紙ごみや段ボール、空き瓶や缶、テレビやラジオ、テーブルなどの
粗大ごみさえもゆく手を阻んでいる。足の踏み場も無さげ。

乗り越えていくこともできるだろうが、時間はかかるし
ひっくり返って怪我もしかねない。

それを少しずつ、紙ごみは燃えるごみ、テレビは大型粗大ごみ
空き瓶や缶は、缶、びん、ペットボトルの項目で分ける。

そうすると、ごみは片付いて、歩いていける道が見える。
片付いた道は、願望・願いが通りやすいのではないだろうか?

そんなことを実感した今回の掛け持ち先への採用だった。
がんばるぞ~♪


スポンサーサイト

Comment

riria* #-

とても参考になりました!
私も早速そういう思考回路を作れるように意識していこう!と思いました^^
ありがとうございます*

2014/08/30 (Sat) 14:11 | URL | 編集 | 返信
ゆずか #-

riria*さん

コメントありがとうございます。
もっともっと整序したら
もっと生きやすいんだろうなぁと。
常に、上を目指して行きたいなっと思います。

2014/08/30 (Sat) 20:08 | URL | 編集 | 返信

Post Comment

非公開コメント

Latest posts