梅の実2

仕事していると、ちょこちょこ何かしらお局様からアプローチがある。
カチンとくるアプローチだけど。

うちの職場(整骨院)は、2年ほど前に予約優先制度を取り入れた。
それまでは、アロマトリートメント(お局様担当)のみ予約制だった。

で、仕事には、休憩時間も当然ある。

予約優先制にしたので、かっちりスケジュールも決まってくる。
休憩時間もスケジュールのうちのひとつであるから
先生方は、患者さんの治療時間が自分の休憩時間にずれ込んでも
それは、自分の管理能力の問題なので、休憩時間が少なくなっても
それはそれで仕方がないと本人は納得できる。

私が所属する受付チームもそれにならって、休憩時間を組んでいる。
受付が不在の時間は、お局様が代わりに受付を担当する。

そういう、お互いに助け合って、仕事というのは一日を終わるはずなのだが・・・。

以前から、出勤すると私の休憩時間が勝手に変わっていることがあった。
その時は、なんで?と思いながらも、変えた本人のお局様に言わず
周りの先生に愚痴をいっていた。

本人に言えば良いのに、という思いもあるけれど
言えば言うだけ、意味不明な言い訳をされるのが嫌なのだ。
何度か、休憩時間の変更の理由を尋ねたことがある。 

理由は、お客さんの希望するオイルトリートメントの時間が
ゆずかさんの休憩時間だったから、ずらした、ということだった。

事後報告で、しかも、私から聞かない限り、見て察せよってことか?
なんにも言わない。

一言、どうしてもその時間しか無理って常連さんが言うから
ずらさせてもらった。と、あれば納得できたかと思う。

一言って大事だ。

最近は、その常連さんが13時しかだめといっていたので
その時間でなく、14時に私が休憩時間をとるようにしたのに
結局、キャンセルになることがでてきた。
どないやねん?
確かに、お客様は大事というのはわかるが
お局様の大事の仕方が違うように感じる。



ここ2週間くらいで、休憩時間の勝手な変更が頻発にあり
それに加えて、私の休憩時間が危うくなくなるところだった。

その日は、お局様の後に私が休憩に入る日だった。
しかし、お局様は仕事のことで20代の先生(♀)と話しこみ
30分ほど予定より遅れてお局様が休憩に入ったので
私の休憩時間が後になることは予想できた。
それは、ええねんけど。
しかし、なーーーんにもそこでも言わず、がっつり1時間、お局様は休憩した。

またか・・・。
で、そろそろ戻ってくる時間だなと思いつつ
治療所のベッドメイキングなどをごそごそしていたら
お局様は、受付で何やらデータを印刷したものをカッティングしている。

休憩は終わったんですか?と受付に行って、お局様に聞くと
めっちゃびっくりした顔をして、あと、5分ほどです。といい
そそくさと治療所内に行った。

なんや、あの驚いた顔は??
休憩のこと、やっぱりわかっていたんじゃないのか?
ずれてしまったことを
きっとそれをゆずかさんは怒ってるんだわ!って。

お局様の思考回路ならきっとこうだろうと推測する。



私は受付で、やりかけていた事務処理をしていたのだが
その後、30分経過してもお局様は受付に戻ってこない。
治療所内で助手作業をしている・・・らしい。

いいかげん疲れてきた。

事務処理も一段落ついたので、他の先生方にお願いして
休憩をとらせてもらった。

これって嫌がらせっていう部類のもの?!って思ったけど
何にも考えてないからかもしれない・・・。

このことを友人に話す(メール)と「悪くとらえない」と言われた。
私は悪く捉えた発言をしたつもりはなく、こういう状況を
嫌がらせというのかどうかと聞きたかったのだが
自分が思ってもいないことを言われたので驚いた。

また、もひとつ気づいて驚いた。
問題集2の質問の中にこのような質問があったのだ。

自分の思っていないことを言われたということ。
これを踏まえ、客観的に考えたつもりで解答し提出した。

これは、違ったようで正解は得られなかった。
もっと考えなくちゃならない、と、一つ一つの質問を見て思った。


「梅の実3」に続く


スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts