梅の実1

6月の半ば、梅の実がスーパーで出始めた頃
患者さん(60代男性)から、梅の実を分けていただいた。

そこで、私は人生初、梅酒を漬けることにした。

漬ける酒の種類をどうしようかと、色々おいしそうで悩んだが
アルコール度数が高いものでないと、カビる可能性があるらしいと
ネットで調べるとそう書かれてあった。

ならば、と、度数が高い物を探すもなかなかない。

で、結局、泡盛、ウイスキー、家に頂き物であったブランデーに漬け、
後はサワーとシロップにすることにした。



梅というのは不思議なものだと常々思っていた。

梅干しを漬ける時に細心の注意を払っても、カビてしまうことがあり
それを日頃の心の姿勢になぞらえて
「梅干しに怒られる」と聞いたことがある。
たぶん、ネット記事によるものだと思うが定かではない。

梅干しに怒られないように心の姿勢、考え方
アンテナの張り方を自分で客観視することのように思っている。



大人になれば、周りは注意してくれない。
最初はしても、本人が聞く耳もたずして、逆ギレする場合もある。

そうなっちゃあ、心が聞く気持ちでないから、理解しようとしないし、わからない。

逆になんで自分が注意を受けなくちゃならないんだ!?と
ネガティブに捉え、注意した相手を悪く思う。

これ、私と常々話題にしてきたお局様のことなんですが
どうやら私のことをよく思ってないらしいというのがわかった。

めっちゃ迷惑なんですけど、これも魂の戦の試練なのだと思った。


この魂の戦を何年かやってきた。
私対お局様や、他のスタッフ対お局様。

お局様に鍛えられ、人としてどの方向を目指せばよいかがわかってきた。
私は、感情が荒ぶることもあったが、学ばせてもらったと思った。


「梅の実2」に続く

スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts