振り返り

相似象の基本のサヌキ・アワの分類に思いを巡らす。

まず、この分類を知った時、さて自分はどこに当てはまるのか?
と思い、文章を読み進めていくと
もしかしてアワのような気がするけど、サヌキの面もあるよな~と迷った。

それから、なんとなく読んでいただけだったんだと思う。

相似象を知って一年くらいたった頃
ある人に自分はアワだと勘違いしている低次のサヌキではないか?と尋ねた。

それはない、アワに間違いない。
と言われたような気がする。

自分でよく検証もせず、無意識に「言われたまんま」を信じ込んだ。
私よりわかる人(一方的に私認定)がいうことなんだから
間違いないだろう・・・とこれまた安易に考えなしに思った。

しかし・・・
いつまでも、「ナニか」が引っかかったままで
こう・・・釈然とせず、時折、訪れる瞬発的な事件が起こる度
ああ、これはやはりアワの行動とされる記述にピタリと当てはまるやん・・・
ってことが確認された。

よく自分で目にしたのが、ムカッとしたらいつまでもムカムカしたり
ヘマをしたらしたで、ウジウジくよくよしていた。

感情が動き、そこに捕らわれすぎるという点が低次であろう。

感情を表に出せず、出すことが誰かと敵対するように感じ
怖くて出せずに悶々と陰鬱な面を継続していた。


じゃあ、あの時何故、低次のサヌキだと思ったのか?と振り返ると
仮定だが、低次の考えでいるということは、まだ、よく知りもしないのに
わかったつもりになってしまう「つもり次元」に陥ってしまうのではないだろうか?

そんな次元で判断してしまったことが原因ではないだろうかと仮定する。
あくまで個人的感想であるけれど。

いや、これも本当にわかったことでないかもしれない。



あの時点ではアワとサヌキは両方存在しているという文章を
サラリッと流し読んだだけである。

まったく情報が蓄積されていない。
これは頭でしか読んでないということのように思う。

これもまた自分の中で追尾システムを設定し
定期的に振り返りをすると、いつかわかるかもしれない。

この世を去るまでにはわかりたいと思う。

自分の客観視がまだまだ甘いということである。
自分の中に両方存在しているサヌキアワのバランスを見ながら
前へ進むしか近道はない。

これだけは胃の奥からの訴えであるから確かだと思う。




スポンサーサイト

Comment

riria* #-

なるほど♪

とても参考になる記事です^^
私も自分の追尾システム設定しよう♪って思いました(*・▽・*)
知ると解るが違うように読めると読み取れるも違うんですよね~・・ついつい錯覚してしまいそうになります(-ω-`*)気を付けたいことだなぁ~・・と反省しました~*

2014/06/13 (Fri) 13:53 | URL | 編集 | 返信
ゆずか #-

riria*さん

今回の問題集と向き合うことを通して
わかっていると錯覚していたことがわかりました。

ひとつ知れただけでも
めっけもんだと思うんです。


2014/06/13 (Fri) 21:16 | URL | 編集 | 返信

Post Comment

非公開コメント

Latest posts