5月の大阪お話会 その3

さて、お話会が終わった後は、やっぱりこれでしょ!二次会、三次会。

二次会に行く前に、ホテルにチェックインをすることに。
色んな小道具を入れたコロコロは、お買い物をしたのもあって
行きと重さは変わらなかった。

お話会へ行く前にちょうど思い描いていたものがある。
BSWの持ち運び用のボトルがほしいな、と。
以前、ハワイだったかどこかの海洋深層水のブルーボトルが
職場の全然関係ない洋菓子店で販売していたので入手したが
いつのまにか捨てていた。
たしか、大きさが中途半端に大きくて600mlだったか
もうええわ~っとほかした(捨てた)のだった。

そんなことを忘れていたのだけれど、ふと、思い出したのだった。
これが何かを意味しているなんて思いも知らずに。

お話会の前に見た告知で「algorithm」のAHさんのところで
トートバッグの予約をしていた。
素敵なアンティーク調のデザインにこれは買いやろ!ってことで申し込む。
そうすると、先着順になにかプレゼントがつくということだった。

当日は、プレゼントのことをすっかり忘れていた。
出店時にご挨拶と思い、algorithmさんのブースを訪ね
申し込んでいた旨を話すと
なんと!な、なんと!これまたおしゃれなブルーボトルをプレゼントとな!

「こういうの欲しかったんです!」と願望が叶ったことに気づく。
すげ~。
しかも、おしゃれなフランスを思わせるようなラベルデザインに
流線的なボトルにめちゃ感激。

ありがとうございます~AHさん、大事にしますね~。

◇ ◇ ◇

そうそう、二次会の話でした。
後から会場へ向かう途中、「どこの席が空いてるかな~」と
しずさんやrindenさんと話をしていたのですが
ふと、(マサトさんとぜーったい話そう!)と思いついたのです。

会場であるお店に入ると、入口すぐのところにマサトさんが座っておられました。
見ると、これまたなんと!ひとーつ席が空いてるじゃん!
即、空席かどうかを確認後、ちゃっかり着席しました。

同席の面白くて可愛らしいHさんと色々話しました。
Mさん(女性)と面識はあったのですが、しばらくぶりの再会でした。
話せて良かったよ~と満足感に浸る。
そして、マサトさん。

聞きたいことが一つあってお話会で書面で出しそびれていた。
というかそれを質問事項だなんて思わなかった愚かさにお疲れ~な私だ。
なので、これは今、しゃべらないと機を逃す!と
勢いに乗って聞いてみたことがある。

私はもうかれこれ何年もUFOが見たくて見たくて見たくて
でも見れない。
あの空に浮かぶでっかい雲はそれっぽいんだけどなとは思うものの
しっかりまんまUFOっちゅうのは見たことがない。
見たい~と思っては空を昼も夜も眺めていた。

そうすると不思議なのか、自然なのか
昼間なら私が空を眺め、宇宙連合のみなさーん、いつもありがとう~
とメッセージを送ると、なんとなく微笑みのイメージが来る。
そして、こちらを見ている、たくさんの意識を感じていた。

これに気がついたのは、お話会の準備を始める前だから数ヶ月前。

夜は夜空の星を眺めて、チカチカ光る飛行機を見て、「チッ、飛行機かよ」と
UFOを見れないことに舌打ちをする日々。

お話会の前日の夜中の3時、やっと一段落(ギリギリ…汗)着いたので
寝る前に夜空を見た。

左から右にかけて一等星が並んでいる。
なんて名前の星かわかんない。

もしかして、スピカかな~、アンタレスかな~、アークトゥルスかな~
なんて知ってる限りを思い浮かべてみたが、どれも正解であり
どれも違うような寝不足で意識もうろうとしている状態なので
ま、いっか・・・寝よ。ってことで一度寝た。

その時も星の意識を感じていた。
星の意識なんてなんじゃらほいであるが、そう思った。

ですが、お話会でほぼ、ウトウトしていた私が記憶していることの中に
「夜空の星は実際にはないんですよ。あれは自分の中の内宇宙であり
チャクラなんです」
というマサトさんの言葉に「!!!!!なんですと!」
って驚いた。

あれは自分のチャクラなのか、道理で同じ意識を感じるはずだ。
これについて聞いてみたのだが
マ「お~、それは知覚背面やね、見えているもの見えないもの
 それを説明するには一週間じゃ足りないね」

ちょっと自分なりに考えてみよう。
そして、どーしても納得できなかったらどこかで聞いてみよう。

まずは自分で検証だよ。
だよね~、あんまり頭使わないから
モノがわかんなくて困るんだもんね。

考えよう、考えよう。


5月のお話会 その4へ続く


スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts