ちまちまと・・・

このところ、ちまちまと片付けをしている。
いや、普通するでしょ?って?
仕事に出てるからってのは、逃げの口実ではありますが
普段、掃除やら片付けがおっつかなくて部屋は…荒れ放題。

いい加減片づけたいな~と思いつつ。思いつつ。思いつつ。

ここ数週間の間に、やたら片づけは良いよ、片付けよう、風水では○○と目にする、聞く。
ということは、やっぱり片づけとけよってことなんだな~と思っていた。


4日ほど前にyoutubeを見ていたら、画面右側にリストが並ぶじゃないですか。
あの一番上に「断捨離」の公式動画が上がっていたんですね。

なにげにカーソルを持っていくと、自然とクリックしていた。

その動画は、感想ばっかりだったのでなんだつまらん、てことでリストを見ると
断捨離の人が話をしていたのがあったので見ていたら

・・・急に片付けたくなり、あちこち本を片づけ出したり、前から気になっていた
子供が放置している段ボール箱をベランダに持っていき粉砕したり
ベランダに出たら出たで、ベランダのプランターが気になって
雑草を間引いたり、掃除したり、要らないものを袋にまとめ始めたら
次は台所の普段触らない場所が気になり片づけ始める・・・。

という掃除&片付けの連想ゲーム的な行動をそれからずっとしていた。

なんで急にこんなことするんだろ、ま、気になっていたからかな?
なんて思っていたら、「アセンション」の2014年4月29日 日食の記事を読んで納得。


記事前半のカルマの・・・ってとこで、ああ、浄化ちゅうか、片付けたいってのは
カルマの消化の一部なのかもしれない。
そう思った。

波動が目に見える、体感できるってことは私は感じないのですが
先週だったか、変なことがありました。

変というか
な、なにこれ?変体?変身?データ書き換え?てな感じなことがあった。



最初は、次のアクセサリーのデザインをノートに書いている時のことでした。
ん?
左目がちらちらする。
疲れ目か?
老眼か?
嫌、老眼では断じてない!?
と思うもどうもなんか違う。

気になりながら書き続けていると、眼球の一部だけが変なのだ。

眼球というか視野の一部がまるでテレビの一時的に放送を中断する時に写る
カラーのバーコード様の形状のものがギザギザの形で点滅している。

それの形を追うと眼球の動きに合わせそれも動く。
うあ~、しずさん。私とうとうイカレチマッタヨ~と、しずさんにこれってどうなんだろうかと
聞こうとしたが、ちょっと様子見た。

5分経過

まだ消えない。

15分経過

さらにそのギザギザはでかくなる。
うぎゃー!これは本格的におかしいぞ、視神経が焼き切れてんのか?
など理屈づけてみるが、改善せず・・・

この状況も楽しくなってきたので、そのままデザイン書きながらギザギザの様子を見ていた。

気づいてから25分後に家族が帰ってきたので、話をしていた。
徐々にそのギザギザが消えていったらしく、その経過も記憶にないほど
自然におさまっていた。

謎や・・・。


と思っていたら翌日は今度は鼻に、しびれに似たジリジリ・・ジジ・・とビリビリとする。
マスクを装着して仕事をしているので、その中で常にジリジリ・・ジジ・・・っとな。

今日は鼻のセンサーの書き換えかも~とこの変化を面白がっていた。

◇ 

自分では気づかないほどの微量なデータ書き換えが日々行われてるんじゃないか?という普段からの私の疑問に答えてくれた出来事だったように思う。

これはどこから来ているかというと、昔読んだ手塚治虫氏の火の鳥の一部だったと記憶しているが
その章の主人公が夜中に父親が毎日どこかに出かけるのに不信感を抱き
ある日、後をつけると科学者である父親が自分の体を炉に投げ捨ているという
場面を目撃してしまった。

その主人公は実は父親が作ったアンドロイドで、主人公は成長の記録のアルバムを見て
自分がアンドロイドということを信じない。
成長しているのは、毎日、父親が少しずつ大きくなった体を作り、そこに記憶を
データ移植していたからなのだ。

という内容を読んでいたからなのだが。

当時は、なるほどな~と面白がっていただけなのだが、今、マサトさんの記事や
ぐれんの記事を読んで、そんな漫画の一部でさえ「有ると思います!」と感じる。



こんなことを思うのも、時たま、起きてから洗面所の鏡で自分の顔を見て
「こんな顔だっけ?髪型だっけ?髪質やった?肌もこんなん?」って
データ書き換え時にバグった自分を見つけるからかもしれませんやね。

え?私だけですか?



スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts