嫌われる勇気

『嫌われる勇気』


という言葉が目に飛び込んできた。

ある日の仕事帰りに乗り込んだ電車の中で見た広告の一つだった。
書籍のタイトルらしい。

本は読んでいないのだが、私にはこの言葉だけで十分だった。


そう!
ここ重要!テストに出るからねっって言われるであろうくらい重要。


長い人生の中で
色々
自分で囲いを作ってきたそのうちの一つだと思う。
言いたいことを言えず言わず、自分を抑え込んできた。

それがわかったのは、つい最近のこと。
ほんとにほんとに最近のこと。

気付きって、ほんと分かるまで長い。

◇ 

本能的に人に嫌われることは死に繋がるって思っているらしい私。
どうやら私に備わるアワの本能のひとつらしい。

敵を作ることは身の危険に繋がると思っているらしいのね。
全く自分では思ってもみなかったことなんだけど、どーもそうらしい。

そんな防衛本能なのか、常『良い人』であろうとしてた。
これも無意識。


ムカつくことあっても角を立てずして穏便でいたいと願っていた。
これは意識に上がっていたから知っている。


でも、前の職場にいてやめる少し前頃から、心の中で葛藤が起きてきた。
これは8年ほど前のこと。

不本意なことがあっても
なーんでニコニコせなあかんねん!

ということに気づき始めてきた。

けれど
どうすりゃいいか、わからなかった。

◇ ◇ ◇


数ヶ月前に気づくと、思ったことがつい・・・
つい・・・口にでることが増えてきた。
思いがけず、声に出してて驚いた!


対象は患者さんであったり、お局さんだったり、お局さんだったり。


それは違うんじゃないの?

そりゃ、あんたの偏見だよ

アホか~

バカじゃん

どないしたいねん?

とか(汗
ちょっとここでは伏せ字にせなきゃならないくらいのことも言ったりする。
どうした!?私!

という感じで
もうね…ヒヤヒヤする時もあるわけで。


なんでしょう?この心境?言動?の変化は。
抑えていたナニカが活動開始したかのよう。

◇ 

ウィーン・・・と
あの名作(Pacific Rim)のメインテーマにのせて、私の何かが起動開始。


嫌われるのがイヤだからと
相手が傷つかないように気を使って言わなかった。

ですが
それってどうんなんだろう?

嫌わるのがどうなんだ。
怖いんだよ。

と今までの私。


万人に好かれるなんて無理だろう。

と、アドバイスは頂いていたけれど・・・わかってなかった。
言葉は知っていたが、呑み込めてなかった。



ようやく「嫌われる勇気」が見えてきた。


私にも嫌いな人、苦手な人、一緒に仕事したくない人っているのだから
私を嫌いな人、苦手な人もいるはずだもの。


だったら、言わなくて悶々として体調悪くしているなんてしたくない。
侮蔑や貶すことをいうのではなく、自分の意見、こう思っていること
そうしたくないことをきちんと言おうと決めた。

そうしたら、あのメインテーマが私の脳内で鳴り響いた。
私の丹田あたりから響いているような気もする。

誰がどう言ったってかまわない。
自分に素直に言いたいことを言う。

私のやりたかったことをやる力。
ガハハハっ と、もう一人の私が笑う。

イケイケ!イッチマエー!
モウコワイモンハナイゾー!





スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts