ローズクォーツ

ローズクォーツ という石のコト

rose quartz
rose quartz

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

ローズクォーツは、心臓のチャクラにとって最も重要なクリスタルで
無条件の愛、スピリチュアルな愛、その他愛情全般を強め、愛の本質を教えます。

愛を最も引き寄せたい時、あらゆる種類の美に対する感受性を高めたいときに効果があります。
過去の心の傷やトラウマを癒し、自己信頼を促し、愛情を受け入れられるようにします。

ヒーリングポイントは、右下腿のリンパ管

キーワードは、高みの見物

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

*卒業の春*

石の話で、参考にさせてもらってる本のローズクォーツの項で気になる文章を見つけた。

ローズクォーツのスピリチュアルメッセージは、
『細かいことは周囲の人に任せて
全体を大きな視点で見て、采配をふるいましょう。
客観的に全体の進行を判断してから、アドバイスを与えましょう。』

そして、キーワードが『高みの見物』と来た。

私は何かにつけて他人が気になっていたんだと納得。
気になるってことは干渉するってこと。
それをされると自分は嫌がるのに、していたという矛盾点に気づく…。

愛のローズクォーツからのメッセージ。

◇ ◇ ◇

この3月で独立したF先生という30代前半の男の先生は私の人生で
とても大事なことを教えてくれた方でした。

常に良い言葉で相手を諭す。

ちょっとトンデモな内容の話であっても、変な目で見ないで話を聞いてくれた。

主旨を間違わない人であり
常に新しい治療法がないかとアンテナをはっている。

F先生の送別会では、社長が送る言葉として話をしていた…が、
主役であるF先生に労いの言葉は一割でF先生の奥さんの話が九割だった。

というのもF先生の奥さんは患者さんから人気があった明るくてかわいらしい人だった。

F先生と結婚を機に退職されたのだが、そのおかげで負担金の収入と来院数がガクッと減ったのだ。

そのことを社長は非常に残念に思っていたらしい。

確かに保険負担収入額が落ちた。
来院数も減った。

だけど、私達はあれこれ知恵を絞り、予約制を取り入れたり、受付では必ず予約の促しもしてきた。

頑張っているのに、社長は数字しかみない。
人を見ない。

どこかに落としてきたようだ。
大切ななにかを。

◇ ◇ ◇

そして、F先生の労いの言葉でなく、恨みを贈る言葉としていたのは明らかだった。

常に数字、数字という社長の贈る言葉に対して
送別会の最後に一言、F先生が今後の皆に…と話してくれたことがある。

『僕ら医療人は何をするためにいるのか?
患者さんを治すためにいる。

そのために受け付けさんも医療人である僕らも力を注ぐ。

数字も大切やけど、きちんとみないといけないものがあるんだ。』
と、大切なものが見えなくなっている社長に言ってのけた。

社長は酔っ払ってわかんなくなってたと思う。

F先生を観察していてわかったことがたくさんある。

心の姿勢が良いのだ。
良い言葉を使う。
患者さんのために僕らができることを尽くす。
その気持ちがぶれなかったから、たくさんの患者さんから支持されていたのだ。

なかなかいない。こんな人。



これからも
F先生の心(ローズクォーツのような愛情)を忘れないようにしたいと思う。






忘れずに、BMヘミシンクのリストに社長はしっかり乗っけておいた。

あ、そうすると私らは職を失うのだろうか?

ま、そんときゃそんときですな。


スポンサーサイト

Comment

かつきち #-

すごいね!

30代前半で、そこまでできてる男って
なかなかいないですよね
残念なことではありますが(--:)

ボクはその頃は...
周りにイラだって、ツンツン、カリカリしてましたし^^;
上にも、下にも、何でこの程度のことが、分かんないのさぁ~
て感じで

当然、そのイライラは、周囲に伝わるから
いろいろと悪循環に陥っていくと^^;;

F先生、ボクも蔭ながら、応援します!^^

2014/04/05 (Sat) 22:59 | URL | 編集 | 返信
ゆずか #-

かつきっつぁん

F先生は色々考える人です。

来た当初からそうでした。

元々、そういう人だったのだと改めて思いますよ~。

見習わねば!と思います。

2014/04/06 (Sun) 13:00 | URL | 編集 | 返信

Post Comment

非公開コメント

Latest posts