宗像大社への旅

*宗像大社への旅 その1*

先月のことだった。
仕事中に、メールが一件入った。
As a Smile のnaoさんからのメールだった。

「次のお話会の打ち合わせの時に、ちょっと話したいことあんねん」
その日はまだまだ先。なんで今言わないんだろ~な、と
「なんでしょうか?ドキドキしますね~」そう送ると
なんと「宗像大社一緒にいかへん?」と、私も行きたいなあとぼんやりだけど
思っていたことだったので、即、決まった。

できたら九州新幹線のさくらに乗ってみたかったので、それも希望で言ってみた。

「とれるかどうかわからへんけど、予約取ってみるわ」と新幹線と
宿泊パックだから、希望通りにはいかない方が多いとのことだった。

数分後、「さくらの予約も取れたって~!」
もう、これは呼ばれているに違いない。
これが奇跡の始まりだった。

その日のうちに、急に博多行きが決定、慌ただしく準備に入る。

◇ ◇ ◇

このメールのやり取りがあった数日前、母から荷物が届いていた。
お菓子や果物をいつも送ってくるのだが、その中に柿も入っていて、個包装されていた。
母はどうやら柿が好きなようで、干し柿をいつも送ってきていたのだが
この時は、普通の柿だった。
ただ、いつもと違ったのは、個包装されていたことだった。
へ~、柿の個包装って珍しいな~、ぐらいの感じだった。

そのままほとんどの柿は子供たちの胃袋に消えていっていたのだが
出発の2日前に何気なく、残っていた柿の袋を見ると「博多産」と書かれていた。
母は東京近辺に住んでいるのに、なぜか博多産の柿を送ってきていた。

もうすでに、私たちが博多へ行くことは決まっていたんだよと言われたような気がした。

◇ ◇ ◇

今回の旅の目的は福岡市内にある「宗像大社」と「竃門(かまど)神社」に
お参りするというコース。


宗像大社に祀られている神様は、私が日本書紀の中で好きな神様のうちの三柱なのだ。
天照大御神の三柱の姫神さまの宗像三神を祀っている。

竃門神社は、縁結びの神様として名高い神社。

どちらも縁があり、行く前からウキウキワクワクする場所だった。

◇ ◇ ◇

当日、まずはnaoさんと合流し、乗りたかった九州新幹線に乗って、Let's 博多へ。
一つ願いが達成した。

巷には、同日に神社を巡るのはどうだろうか?という情報もあるが
私はその件に関しては、そうは思わなかった。

その情報の方は、そう感じそれを発信している。
見える人のいうことは、絶対正しい!と以前の私ならそう思っていたが
それって、信じ込んでしまうのはどうかな~?と自分に問いかけ、このことをnaoさんに相談。

naoさんも賛同して下さったので、同日に両方の神社へ行くことにした。

◇ ◇ ◇

さて、宗像大社と竈門神社は福岡にあり、そちらには私たち共通の友人
Truth&Integrity★のrindenさんがこちら方面にお住まいなので、今回は私達二人は案内をお願いした。

まずは宗像大社へと向かう車中でnaoさんは大宰府天満宮にも行きたいと話す。

竈門神社へ向かう途中で
「大宰府天満宮の参道が見えるからね」とrindenさん。
私は(それを見て行くかどうか決めてみてね)という意味のようにとれた。

◇ ◇ ◇

宗像大社は、とっても広々とした神社で、気持ちのいい場所だった。
はじめましてなのだけれど、そんな気がしなかった。
宗像大社1
宗像大社2 宗像大社3

こちらの木々はとてもゆったりとして、そして、背の高い樹木が多い。
博多って、こんな雰囲気なんだな~と他の土地と比べてそう思う。


宗像大社への旅 その2に続く。





スポンサーサイト

Comment

ゆずか #-

三つ星

ifさん
調べましたら、宗像の三柱は、オリオン三つ星の事だそうです。
聞いたことありましたか、今回は忘れて訪れていました。

2014/03/17 (Mon) 05:44 | URL | 編集 | 返信
ゆずか #-

ゆみさん

日月神示によりますと、竜宮の乙姫さまは、玉依姫だそうです。
玉依姫は海神の娘で、宗像三神は、天照大御神と
素戔嗚尊の誓約(うけい)によって素戔嗚尊の
持ち物から産まれた三神なので出自が違ってきます。

同じ海に関わる神様達なので、どこかで繋がっているかと
思われますが、今回、宗像の地では
乙姫さま関連は目にしなかったです。

2014/03/17 (Mon) 06:23 | URL | 編集 | 返信

Post Comment

非公開コメント

Latest posts