アイスランドスパー

アイスランドスパー という石のコト

Iceland Spar
Iceland spar
◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

アイスランドスパーは、透明なカルサイトの一種。

強力にエネルギーの増幅と浄化を行います。

体内の停滞したエネルギーを解消し、高次の意識と結びつくのを助け
受け取った霊的なイメージを増幅します。

メンタルリラクゼーションや、感情の解放に効果をもたらし、精神の浄化作用があります。

また、片頭痛を起こす緊張を軽減します。


ヒーリングポイントは、左脛骨の関節丘

キーワードは、心の抑圧の解放


◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

*自由*


東京お話会に参加する度、遠方という事もあって前泊していたのですが
それまでは泊まる機会がなかったので
改めてホテルに泊まるって楽しいな、と。

最初は一人でビジネスホテルを予約して、到着したら即、地元のスーパーをホテルの人に聞いて
そこで、お寿司と缶ビール1本を買って部屋で頂くのが、とても楽しみでした。

何回か浅草寺近くに毎回違うホテルに泊まるが
なぜだか寝苦しくて、眠れなくて
当日ふらふらしながら、会場に向かう事もあった。


次に、ホテル予約をしようとのばし延ばしにしていて、気がつくとギリギリで
慌てて間際でホテルを探したけれど
近場は空き室がなく、仕方なく他を探すと地下鉄で一駅ほど離れてはいるけれど
格安でなかなか良い物件があった。

ここは意外と快適な眠りがあったので、これは離れて良かったんだと確認。

というのも、どうしても有名どころ付近は宿泊料金が高めで
人もたくさん集まる場所ということで、色々となにかが渦巻いていたらしい。

そういう情報を先日の大阪お話会でちらりと聞いた。

そんな場所なら知らずに泊まって、そりゃ寝苦しいわ、と納得。

◇ ◇ ◇

ホテルに泊まるのって何が楽しいんやろな~って、考えたら
日常の雑事がない自由が楽しいことに気付く。

自宅は狭くて古くてごちゃごちゃしてるけど、それはそれで愛着がある。

それとはまた別でホテルでの自由さが好きなんだ。
自由っていいなと心から思う。

◇ ◇ ◇

ある時の東京お話会、マサトさんが初めてお話をされた時の3次会で
しずさんが自由の大事さを話していた。

その時は、なるほど~ってくらいの感じでしかなかったのだけれども
今は、それがすごくわかる。

昔は、なんでも自分で縛りを作って、囲いを作ってMじゃないかと思うほど、
そんなしんどくて、窮屈さの中で暮らしていた。

やっと、自由っていいなと本気で思えてきた。

今まで、どこみてどーやって生きてきたんだろう。

我慢してた。
我慢を不満でくるんで、さらに悪い想念を持っていた。

我慢の内容は、どういうものかを解析せずに、不満をぶつぶつ言っていた。
不満を楽しんでしまえば、屁みたいなもんなのにね~。

と、今だから思えるけど。
それに気づいてからが、まあ、なんとも心が楽になり身体もそれにつれ
溜めこんできたものを浮き上がらせてきた。

痛みが出てくる度、ああ、こんだけ溜めてたんだな~と
自分に申し訳なく思う。

ほんと「自分を愛して!」を怠っていた。


◇ ◇ ◇

そんなことを思っていた夜、意識レベルの数字の事を考えながら寝たら
数字は出なくてこんな夢を見た。


場所は、ベルサイユ宮殿か?!ってくらいの広いフロア。
って、行ったことないですが。

床はつるんとした大理石のような綺麗な床。
色は淡い明るいアップルグリーン。
石で言うならばクリソプレーズかプレナイトみたいな色。

そこにちょっとぽっちゃり目のダンディな人がふかふかのソファに座っている。
ロン毛で、年の頃は50代半ば。
日に焼けた肌に白のシャツが似合う。少しダンディさを出しているのか
ボタンを開けて、胸元がチラ見え。

私に分厚い洋書のようなものを手渡す。
表装は、金の刺繍が入った豪華なもの。

このダンディな人は、台湾で帰る時に空港まで送ってくれて手続きを
してくれた現地ガイドの人に似てた。

ガイドと会ってた??
わかりやすいように、その人のビジョンを使ったかもしれない。

◇ ◇ ◇

夢なんだけど、たくさんの人が出てきた。

知り合いではない人達。

だけど、同じフロアにいる。
広~いフロアに宮殿で使われているような調度品があったり、また、シンプルな処もあったり。
たくさんの人がいるから
サーカスのような賑やかさ。派手な配色もあちこちに見える。

フロアを歩いていると左手にある一室が見えた。
そこにはエレベーターのような映画館の入り口のようなどちらともとれる場所があった。

中に私と誰かがいるのを少し離れて見ている私。

上から水が落ちてきた。
水のカーテンのようにするりと流れている。

上に行きたいと願うと上がり、そうでない場合はそれ相応の処へ運ばれるとその時の相方に聞いた。


行き先は自由だということらしい。
選ぶのは自分。誰の選択でも強制でもない。
自分でこの選択の責任を持つこと…ともメッセージを受けたようだ。


夢が教えてくれた通り私は自由。
viva!自由な私。



スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts