台湾旅行記 出発編

*台湾旅行記 出発編*



去年の5月に台湾を初めて訪れた。

初めて訪れたのに食べ物、空気や街並みがすべて懐かしく私に馴染む。

この不思議な感覚は、以前暮らしていたかのような錯覚を起こさせた。

懐かしい台湾にまた行くことになって
色々したいことや反省点が次々浮かんだ。


反省点は、あれこれ心配しすぎて荷物が多くなりすぎたこと。



余計な考えを起こしたが為に不安になった結果だ。

帰りに荷物が多くなり、えらいしんどかったので
それをふまえ

1.荷物は最低限のものを取捨選択する。

2.その為には現地の気温も持参する服装に影響することは必須だ。

3.天候は時期的に日本より湿度が高く雨量もかなり多い。(ガイドブックによる)

4.これらをふまえ準備せよ!

5.いざとなりゃ買えばよい!

ということで
スーツケースには半袖カットソー1枚、半袖インナー1枚、下着は日数分。
パジャマ代わりの部屋着と携帯スリッパ、綿素材カーディガン1枚、手ぬぐい1枚
履き慣れた靴、生地がのびる楽チンスカート、傘(これは必須!!)と
洗面関係を詰め込んだ。

自分は暑くなったら脱げばいい用に長袖インナーに半袖カットソーを着て
ウール混カーディガンをはおり、トレンチコートにストールとキレイめジーンズに
ずっと履きたかった赤のシューズを履いて

さあ出発!

CIMG6726.jpg
日本上空・・・どこらへんかわかんないんですけど
縞目模様が面白い。

座席前ポケットの機内販売免税品のカタログを眺めていると・・・
おや?「PANDORA」の文字が目に飛び込む。
しかも、「☆」宇宙連合のサインかしら・・・。
CIMG6728.jpg

同じく「PANDORA」の商品。商品名の「グッドラック」ってとこに
思わず(いってきま~す♪)と答えた^^
CIMG6729.jpg


◇ ◇ ◇

出発にあたり友達が「時間ないやんか!!!」と
搭乗開始時間と離陸時間を勘違いし、一緒に端から端まで空港内を走るという
アクシデントがあったものの無事に飛行機は離陸した。

もうひと考えしたら良かった・・・。

チケットにあるゲートナンバーと違う方向へ向かう友達に
「ナンバー違うけど良いのか?」と尋ねるも自信満々の友達の言葉に確認を怠った。

私は海外は今回が2回目。

友達は数十回海外へ行っている。
旅慣れた人のいうことだからと信じ込んでしまい確認することを考えもしなかった。
これは大きな反省点である。

思い込み激しかった友達は日ごろの運動不足がたたり
勘違いのために空港内端から端へ走ったおかげで股関節を痛めた。

私は左骨盤の飛び出た部分が数ヶ月前から痛み出していたが
走った後は何ともなかった。

旅行に行くに当たり、一ヶ月半前から職場で鍼治療を受けていたおかげで
最初の痛みレベルを10とすると、旅行当日は1~2のレベルに下がっていた。

東洋医学に感謝!

そんなこんなドタバタがあったが、飛行機は一路台湾へ向かう。
少し乱気流で横にガタガタ揺れる。

前回はこんなことなかったのになぁと揺れにちょっとドキドキする。

◇ ◇ ◇

台湾桃園空港ロビーにて。
台湾は明日からお正月ということで、お祝いの飾りで華やか。
空港 桃園


ここで私達ツアー客は同行の日本人ガイドさんと
現地ガイドさんを待つ。

その間にトイレに行ってこようと探すもよくわからなかった。
しかし、空港ロビーには案内する人が必ずいるはず。
「桃園空港」と背中に書かれたオレンジ色のベストを着た女性が立っていたので
めっちゃ日本語英語で「エクスキューズミー」と話しかけてみた。

ふと台湾ではトイレはなんていうのか忘れてしまい。
思いつくまま「トイレット、ウォッシュ」など手を洗うジェスチャーを交え話す。

相手は察してくれて「ダブリューシー(W.C.)?」と聞いてくれたので
「イエス!」というとジェスチャーと英語で教えてくれた。
真っ直ぐ行って左・・・だそうだ。

お礼を言いダッシュ。

広いのでちょっと遠かった。
無事に等身大ほどの赤の女性用のトイレ表示を見つけ中に入る。
ホッと一息つき、紙を流そうとすると、目の前のドアには注意書きが目に入った。

こちら台湾は使用後の紙は備え付けのゴミ箱に入れるようになっている。
水道管事情というのだろうか、トイレットペーパーは流すと詰まってしまうらしい。

こんなところで
「あ~、台湾に来たなぁ~」と実感する。


◇ ◇ ◇

迎えの送迎バスが来たので乗り込む。

外はあいにくの雨。
そして、気温はなんと日本とあまり変わらない寒さ…。
こ、こんなはずでは・・。
長袖持ってきてないやん~!!!


予想外の展開のような気がしてきた。
一抹の不安を抱えながらも、一行はバスに乗りお決まりの免税店へ連行される。




台湾旅行記 初日編に続く。




スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts