ウバイト

ウバイト という石のコト

ウバイト

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆
和名「石灰苦土電気石」

ウバイトは、11種類あるトルマリングループの中の一種で、カルシウム分
マグネシウム分に富んだものを言います。

カルシウムに富んだスカルン中などから産出し、ドラバイトに似ていますが
ナトリウム分が少なく、カルシウム分を多く含有しているので、区別ができます。

六方晶系に属した、柱面を欠く結晶体で見られ、上下の端面が接していて
その結晶面の配列の違いから異極晶であることがわかります。

色は、赤褐色や褐色のものが多く、他には緑色や黒色のものなどがありますが
その色の濃さは、鉄の含有量と比例しています。
条痕は無色。

透明から不透明でガラス光沢を持ち、へき開はなく、断口は不平坦状から貝殻状を示します。

名称は、この鉱物の原産地であるスリランカのUvaにちなんで命名されました。

◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇

古くは様々な地域の原住民の間で、儀式や病気の治療の際に「神聖なる石」として
用いられてきた鉱物。

肉体、精神、感情を統合してこれらを活性化し、すべての基盤となって良い効果が
得られるよう導く力があると言われています。

集中力も高まるそうです。


消化器官の壁の強化に効果があり、内分泌系のバランスを整え、新陳代謝を
活発にする働きがあるとされています。


◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆


*スターハーモニー*


ちょっと前から欲しかった星図早見盤が届いた。
以前から探していたのだが、いまいち小学校の教材っぽいものしか見当たらず
やっと素敵なものを見つけた。
名前に惹かれたというのもあるけれども、ちょっとオサレなのが気にいっている。

こちら渡辺教具製作所のスターハーモニーという星図盤。
StarHarmony.jpg

注文すると、即座に対応、翌日には到着するというアマゾソ並みの早さに感謝♪


◇  ◇  ◇ 

2週間ほど前に夜中の1時ごろになぜか目が覚めた時、ふと、ベランダに出てみた。
ちょっと乗り出さなければ見えなかったけど、オリオン座発見!

というかオリオン座と北斗七星くらいしか記憶していないのだけれども・・・。
星の名前や輝きを眺めたくて仕方ない毎日。

さあて、星図盤も届いたし星を眺めるか~^^と思いきや
天気がこれから荒れるという予報通りの週末でした。

そのうち見れようとワクワクしながら、お天気が回復するのを待つとしよう。

◇  ◇  ◇

ワクワクといえば、ようつべで他の楽曲を聞いていた時に
ふと見つけたマイケルのPV。



初めてみたPVだったけど、あちこちにjapan関連のものがある。
前々からこちらに向けてサインを送っていたのかなと、今頃出会ったこの奇跡。
今まで、マイケルのことを私は好きであっても、ここの映像を見るまでに
至らなかったのだなあと思う。

冒頭に出てくるUFOの映像を見て、「宇宙連合が意味するUFOはひとつの意識集合体のことである。」
だったかな?と、マサトさんがCDの中で話をされていたのを思い出した。

こういう映像や、音からの知識、自分が見る世界、感じる五感からの情報は
既に自分の中に持っていた情報であって、それが顕在化されると
書物になったり音楽になったりするもんなのかと・・・どこかで聞いたことがあるような
言葉だけれども、それが心からそうなのかもしれないと思える。

過去からの記憶は、過ぎ去ったものである。
ということは、この現世界の常にあるものではあるが、実はそのことの外側に
もう一枚フィルターのような皮膜があるような気がする。
見えていないことというフィルターが。

ここ数カ月、何か聞いたり話したりする時、「これってホントのことなん?」と
何気に思うことが頻繁にある。

ヘミシンクをし始めてから、今まで目をつむっていたことに
あれれ?と気付き始めたのかもしれない。


寝て、起きて、仕事をいつものようにしていたら、昨日まで不思議だったことが
妙になじんだことに変わっていることが多い。
寝ている間に、なにか納得する出来事がどちらかの世界で起こっているように思えて仕方ない。

一年前の自分と比べると、どこが?と具体的には答えられないが
何か違うと思うのだ。

考え方が変わったからやないの?と言われればそうかもしれない。
昔に比べて、感情の整理が少しはできてきたから生きるのが楽になったのは確かだ。

昨日なんかは、あれだけ嫌がっていたお局様とちょー久しぶりに
駅まで世間話をしながら帰れた。

ちょっと前の私にはありえない出来事。

ちょっと前の私が思っていた・描いていた現実がサラリと変わってきつつある。
後ろを振り向くと、にこにこしている私が見える。

そこの私と今の私の間は地面はなく、もやもやした空に浮かぶ雲のようなものが
見える(妄想・・・)

ここからまた新しい(別次元?)の私が私を見送るのだろうな。
もうここは大丈夫だから、次へいっといで!って。




スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts