ストロンチアナイト

ストロンチアナイト という石のコト

ストロンチアナイト

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

和名「ストロンチアン石」


ストロンチアナイトは、ストロンチウムを主成分とする低温熱水鉱物で
バーライトやセレスタイト、カルサイトなどとともに産出します。

斜方晶系の柱状や針状結晶体で発見されることが多く、他には繊維状や
柱状構造の塊や粒状などで見られることもあります。

色は無色や灰色、帯黄色、帯緑色、帯赤色のものなどがあり、条痕は白色です。

透明ないし半透明でガラス光沢を帯び、参差状の断口は樹脂光沢を示します。
柱面にへき開があります。

名称は、この鉱物の主成分の元素Srが発見されたスコットランド南部の町
Storontianの地名にちなんで命名されたことにあります。


◇   ◇   ◇   ◇   ◇   ◇


創造、伝授、叡智を表す鉱物とされ、また、「旅路の平安を祈る石」として
珍重されたと言われています。

いかなる環境に身を置いても、優れた順応性を発揮してすぐになじむことがででき
周りを取り巻く人たちとも和やかな関係が保てるよう導く力があるとされています。

成長、好転させる力が強いそうです。


古くは害虫退治にこの石を用いたとされ、他には視力の回復や体中の浄化などの
効果もあると言われています。



◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

*☆☆連合からのメッセージ??*


毎日、星型を目にするのだが
休みの朝に見たのは、掃除中に見つけた星のクッキー抜き型。
ほこりまみれで発見された…。


うむ~
ほんと、気づくと毎日メッセージがある。

某子供番組からは流れ「星」の映像。
職場で見たのは患者さんが着けてた「星」型ピアス。

携帯の検索でクリスマスを検索してると、ツリーを作り上げあげる用に「星型」抜き型。
これは、大きさの違う星型を何個も焼き上げ、クリームで接着してツリー状に仕立てる。
これでもかってくらい星星星。


◇  ◇  ◇

で、先日、次回のお話会の会場申し込みと二次会下見で
As a Smile~笑顔のまんま~のnaoさんと会ってきた。

二次会下見は重要な仕事である。
この店はどんな雰囲気か、ほどほどにお料理の種類はあるかどうか探るべく探ってきた。
いやいや、一口目のビールのうまいこと^^

これは下見であるので、そこそこで切り上げなくてはならない。
まだ、次の店へ調査をしに行かねばならん。

しかし・・・naoさんとのトンデモ話はとても面白かった。
普段はおおっぴろげに話せない内容ではある。

連合からのメッセージや、マサトCDを聞いてのお互いの体験や
ヘミシンクCDを聞いて見える映像や感覚なども一人ではわからないことも
話せたのも良かった。
子供の話も交えながら、こういう機会があるからこそ
色んな人と知り合えて、考えることができるきっかけをもらえるって
めっちゃ幸せやん♪と思う。

お話会がなければ私はこうして下見と称してnaoさんと酒を酌み交わすこともなく
(おっさんやん・・・)周りを気にせず、好きなように、思っていることや
疑問に思うことを話せなかったと思う。

お話会に大感謝している一人である。

トンデモな話の中、話してみると
自分が思っていることが意外と狭量だということも知れる。

そんなこんなで、楽しめたお話会二次会会場下見だが
宇宙連合の方々も同席していたのだ。

◇  ◇  ◇

私達がトンデモ話をしていると、予約団体が座敷にやってきた。
これを見て、naoさんと「これだけの人数が座れるんやったら、十分やんな」と
団体さんが見本となってくれたようだなと思っていた。

すると幹事の方だろうか「私達は卒業…、新しい出発…」と乾杯の音頭を取り始めた。


へぇ~、と思ってこのシンクロは何だろうかと思っていた。
するとnaoさんが、ここの店の情報をスマホを出して見せてくれた時
ふと、バッグの中の裏地がちらりと見えた。

黒地にあっさりした連続のスカル模様。
なんとなくグレイに見えたw

よく見るとバッグの表には鋲でスカルの顔が打ってある。
こわーいリアルスカルではなく、どちらかというとグレイに近いのだ。

naoさん曰わく、バッグは重いのだそうだ。
持ち手のリングが何層にも重なっている。でも、その持ち手が外れちゃったとのこと。

ふと思いついたのが、なんとなくだけれども、宇宙連合の方々が
箍(タガ・桶などを留めている金属の輪部分)を外して(タガを外す=緩めること)
楽しんで~☆と言っているような気がした。
持ち手のリングは箍のようにわっかだったし。


◇  ◇  ◇

その二日ほど後の今日、仕事をしながらお話会のことを考えていた。

患者さんの対応や、院内にカルテを持っていたりといつもの仕事をしていた時
何気なく仰向けで治療を受けている患者さんのTシャツが目に入った。

マイケルジャクソンの「this is it」のデザイン・・・。
ひぇ~~星の形のメッセージやなくて、マイケルがきたーーー!と思った。

ほんの気のせいかもしれないが、ヘミシンクピンポンパンのマサトさんが
マイケルのことを記事に書いていたことがあったので
こりゃあ、マイケルが来たね☆と勝手に思ったのだった。

でも、びっくりしたよ・・・。



背の高い女性の患者さんが来ていたマイケルのTシャツはまるで楽しもうよ!と
言っているかのように思えた。


マイケルTシャツ



今からとても楽しみである。






スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts