シトリン

シトリン という石のコト

シトリン2

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

和名「黄水晶」

シトリンは、クォーツグループの透明結晶石中、色の濃淡に関わらず
黄色の水晶のことを言います。

各地のペグマタイトの晶洞中や各種鉱脈の脈石中、珪岩中などに産出します。

六方晶系に属した六角柱状や錐面と六方柱との集形などで見られ、また、その
同集晶や塊状などでもよく発見されます。

シトリンの天然の色のものは少なく、アメジストに加熱処理をして変色させたものや
ロック・クリスタルを放射線処理したものなどがあります。


主産地は、ブラジルやチリ、メキシコなどですが、ベトナムなどでも産出します。

名称は、柑橘類のシトロンの果実の色に似ていることにちなんで命名されました。昔から、商売の繁栄と富をもたらす「幸運の石」として人々に珍重されたと
言われている鉱物です。


 ◇    ◇    ◇   ◇    ◇    ◇  

潜在能力を引き出し、心身のバランスをとって、暖かいエネルギーで包み込む力が
あると伝えられています。

神経をリラックスさせて、ストレスから解放する効果もあるそうです。


視神経を活性化してその働きを高め、また、胸腺の不調を改善する力があると
言われています。


◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆


*チェンジ*



ある日の夢。
ほんの短い夢だった。

現在と過去が向き合った夢のようだった。

元旦那がいる。
どうやら出しっぱなしのモノを長男が片づけないからと
向こうの部屋にいた長男を呼びつける。

私は元旦那の後ろ側にいる。

夢の中の長男は現在の23才の姿。
元旦那は昔のまんまのTシャツにパンツ姿。

怒鳴りながら長男を蹴り飛ばしていた。

ちょっと何すんねん!と後ろから止めに入ろうとすると
元旦那のTシャツがめくれあがり右腰のあたりが見えた。

直径5センチほどのゴツゴツした赤みのある瘤のようなものが見えた。

と同時にこれは夢なんだからどうにでもなる!

と思った瞬間目が覚めた。
まだ、眠い状態の時もう一度寝るとその夢に入れる。

今度は元旦那を殴ってやる!と、もう一度寝に入るが
どうも眠れなかった。

その夢の中でも長男が受けた仕打ちは、長男がきちんと受け取り
考えなくてはならないのだろう。
私がやってはダメなようだ。

以前は元旦那が夢に出てきたというだけで、気持ちが暗くなったりしていたのだが
昨日は、冷静に自分は今、夢の中にいることが分かり過去と向き合うことができたと思った。

何事も準備ができると先に進むものだが、こうして夢の中でも
色々と準備や清算、処理がなされていくのだなと感じた。

こんな変化がある時は私は体も変化するようだ。
そういや、自分の心や環境が変わる時、身体が何か変身するような気がする。

 ◇    ◇    ◇ 

今週の月曜日の朝、少し上体を前屈させた瞬間、腰が「グキっ!」と
ずれたような感覚でぎっくり腰を起こした。

「・・・これは軽度ではあるがぎっくり腰(脂汗」そう思った。

幸い軽度だったので、職場に早速治療予約を入れ、出勤前に治療してもらった。急性の腰痛の時は、私の場合、鍼がよく効いたようだ。

腰痛の時に限らないかもしれないが、病と言う状態の時
人はナーバスになっているのだろう。

普段なら何でもないことがとても気になる。

こんな時、普段苦手だなと思う患者さんが立て続けに来る。
その度、ムッとしたりイラッとしたのだが

あれ?おかしいなと思った。
なんでこんなにイライラするんだろうと。
イライラすると、腰がもわ~んとした。
怒りは腰に溜まるのだろうか。
どうも昨日見た夢はそのことを教えてくれていたみたいだ。

 ◇    ◇    ◇ 

月曜日にぎっくり腰、その三日後に元旦那が夢に出てきた。
その腰には怒りの溜まった癌化したかのような瘤。

何でもないことでも苛立ちを募らせていたら、そのうち癌化(こじらせてしまう)
ということなんだろう。

怒りを溜めていたからぎっくり腰と言う突発的な形で現れ、それをグキッと痛みで爆破させ、清算したのかもしれない。
そんなものを溜めていては未来へ進めない。

そんなことを感じた今週だった。
今度こそは、元旦那が夢に出たら殴ってやりたいと願い床に着くことにしよう。


おやすみなさい。

スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts