マサトCD Masato In Tokyo 10.12. track2

*マサトCD track2*


マサトCD 2枚目を聞きながら、寝る。


起きてから何にも見なかったと思ったのだが
しばらくしてぼんやり何か思い出してきた。


思い出した光景は
B5くらいの茶封筒にガラ系携帯と思われるものが入っているようだ。

クシャクシャになって中身のシルエットがわかるくらいになってる茶封筒。

その映像の色が反転する。
フラッシュのように交互に映像が素早く変わる。
モノクロ写真?いや、ネガポジのようだ。


なんだろうか?
携帯は情報を知る、誰かとコミュニケーションを取る、撮影や録音、録画と保存もできるツールだ。

ガラ系携帯は今や最先端ではなくなってきている。


古い情報ツールの入れ替えということだろうか?
ネガポジの反転はそういうことを表しているかのようだ。

そして、明晰夢の中で眠ってしまっていた。
ああ、眠ってしまったらしい…と夢の中でそれに気づくと、当たりはオレンジ色一色になっていた。

というところで目が覚めた。

夢は現実であり、また、夢でもある。
その夢の中が現実だと思えば、現実になる。
そのことを指しているかのようだった。

知ってはいるけれど、身にしみてわかっていなかった。
◇  ◇  ◇

翌日、3枚目を聞こうと思ったのだが、また2枚目を聞きたくなり
そのまま寝てしまっていた。



その時の夢はこうだった。


・・・気づくと、老人介護施設のようなところにいる。

私の仕事はヘルパーのようだ。実際にこの仕事に就いたことはない。
マサトさんも同じく職場にいる。

マサトさんが夢にでてきたのは初めてだ。
マサトさんはヘルパーとしてではなくアドバイザーのような仕事のようだ。
管理指導者のような役職らしい。

私は介助のために車いすを押していた。
ふくよかなおばあさんのようだった。
重い車いすだった。

肉体は重いものなのだということだろうか。

その施設から、皆で外食をしに出かけていた。
もちろんメインは施設利用者さんなので
私たちヘルパーは介助のみ。
という設定らしい。

フロアの中央にはグリル?があり、鉄板のスリットから炎がゴウゴウと燃えさかっているのが見えている。

そのグリルの上で焼かれたものが利用者さんの食事となる。


器ごとグリルに乗せられた茶碗蒸しや丸ごと一本のフランスパン
ギャートルズのマンモスの肉ほどの分厚いお肉が焼かれていた。

有り得ない調理法だ・・・。

その横にはコックさんが立っていた。何故か腕組みして、どや顔のような微笑みをたたえている。
なんだろうか。
この世の常識だけではないということだろうか。


場面変わり私は何かのイベントに出かけていた。
そのイベントはマサトさんの講演会。
夢の中でもまた講話を聞いているw

講演会が終わって会場でマサトグッズを買った。

それを先ほどの外食先にいつの間にか戻っていたようで、話題にしていた。


私のそこでの女友達が、買ったものを見たか?というので
まだ見てなかった私は広げた。

パーカーを買ったことは知っていたが柄までは見ていなかった。
広げると黒いパーカーで
前側に何故か須○元気さんがボクサー姿でグローブを付け
ファイティングポーズをとっているイラストが描かれていた。

お話会の準備中から○藤元気さんの曲をずっと聞いて作業していた。
今の私にとって元気が出る曲だ。


パーカーの背中にはアラビア語のようなベトナム語のような文字が書かれていた。
意味は不明である。
呪文ではないがたたえる言葉だったような印象を受けた。

そして、女友達からマサトさんから預かっているものがある、と言われた。
監視モニターのようなモニターがあるところにいつの間にかいた。

内容を見せてもらうと、拡大されたものがモニターに大きく映し出される。
モニターは天を仰ぐような位置に備え付けられている。

罫線が入ったノートのような紙に殴り書きで書かれた文字があった。

数字が書かれていたが
確か4 か 9 があった。

金額を示していた。
かなりの価値を表しているらしかった。記憶しているのは筆記体で書かれた¥(エンマーク)に400か900と書かれていた。

他にもいくつか文字が書かれていたが覚えていなかった。

女友達がいうにはマサトさんがこれを…に使ってくれと伝言していたそうだ。
何に使ってくれと言ったのか覚えていない。

役立ててくれと言う意味のように思う。
マサトさんの姿をしていたけれど私のガイドかもしれない。

ヘミシンクを皆のため、自分のために役立ててほしいという意味だったのかと解釈した。

いつ聞いてもマサトCDは何かしら気づきをくれる。
毎回、同じCDを聞いていても「こんなこと言ってたっけ?」と
新鮮な驚きがある。






スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts