ナトロライト

ナトロライト という石のコト


ナトロライト

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆
和名「ソーダ沸石」

ナトロライトは、ゼオライトグループの中では5番目、1803年に
認定されたソーダ(ナトロン)を主成分とする鉱物。

玄武岩や閃長岩、蛇紋岩などのペグマタイト中に産出します。

斜方晶系の針状結晶が放射状に集合したり、繊維状に集合したものなどで見られ
また、時には柱状結晶や塊状で発見されることもあります。


色は、無色や白色、灰色、帯黄色、帯赤色のものなどがあり、条痕は白色を示します。

透明ないし不透明で、ガラス光沢や真珠光沢を持ち、へき開ははっきりとあり
断口は不平坦状となります。


名称は、ラテン語で「ソーダ」の意味の「natro」に由来します。

 ◇    ◇    ◇   ◇    ◇    ◇    ◇

宿命、必然、啓示、生誕を象徴する鉱物とされています。

霊性を高めて、特別に送り出されている情報を受信することが
できるようになると言われています。

内面に隠されていた本質を引き出し、個性的な魅力として認められるよう
導く力があるそうです。

血管に関わる不調を改善して、血液に循環を良くする働きがあると
言われています。



◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

*痛みとがんこ率*


私の職場は鍼灸整骨院である。

ここ4、5日ふとした瞬間にあれ?この患者さんに違和感を感じるなぁ。
と何人かの方に感じたことがあった。

違和感…。

これはどこから来てるのか?と考えた。


例えば、支払い時に予約を取るとする。
私が見てきた中で、支払い→予約を取る人が殆どで

治療後に出てきてすぐさま、「いついつの何時に(予約)取りたい」と
患者さんは、自分の言いたいことを優先にする。
譲らない・・・。
?これはなんだろう??
我でしょうか。

痛みが強くて、来る回数が多いのがこの人たちの傾向のようだ。

 ◇    ◇    ◇   ◇    ◇    ◇    ◇

そんな患者さんの中で最近、特に変だなと思った人がいる。

男性の柔道整復師&鍼灸師のF先生が担当するNさん(50代女性)は
自分の話を隠すそうだ。


治療の時にはいろんな話をする。

話を聞くこと、話すことによって患者さんの意識が変わる場合もあるし
心が軽くなれば痛みも軽減する場合も多々ある。

会話の中から痛みの原因を探っていくことが殆どなので
患者さんとの会話はとても大事なものなのだ。

F先生はNさんにも他の患者さん同様に話をする。

その中で、Nさんから始めた旅行の話が出て、話の流れでどこに行くんですか?
とF先生は聞く。
が、誰も話を広めたりしないのに、まあまあ、そこらへんで・・・。で
だんまりになり、濁すそうです。


自分のことを話さないので、日常にある痛みの原因の動作や習慣が見えない。

例えば、旅行に行った先で、石畳の道を長時間歩いたり、列車の中で
ついうっかり寝込んで首が痛いとか、そう言った情報が得られない。

保険請求する際に、理由を求められる場合があるので
患者さん情報はとても大事なんです。

Nさんは首肩にかけてガチガチな状態でいつも来る。
硬いんですよね。考えとか心の姿勢とかが。きっと。

 ◇    ◇    ◇  
 
そのNさんが、ある日の治療後に受付の私に駐車サービス券を
もらってきてほしいというのだ。


ここの総合フロントは会員制のスポーツクラブのフロントで
うちの治療院はフロアが同じになっている。

施設を利用した人は駐車サービスを受けられるシステムになっているので
こちらの院を利用した旨をフロントのスタッフに言えば
サービス券を発行してくれる。


ですが
このNさんが言うには、そこのフロントスタッフは発行してくれないという。
おかしなことを言うなと思ったがそのまま話を聞いていた。

こちらを利用したと伝えれば発行してくれますよ。と言うも
あのフロントの人は前も発行してくれなかったと一点張り。

その人の名札には「めぐみ(仮)」と書いてあったと言っていた。
実際にはその「めぐみさん」とやらは存在しない。
勘違いしてはるんだろう。

会員さんが次々とチェックアウトをするのでフロントのスタッフさんは
会員優先というルールで対応していたのだろう。
それだとなかなか順番がやってこなかったのだろう。

それも不服そうに言っていた。


そのNさんが帰ってから、フロントスタッフの一人がやってきて
「あの方は何か言ってましたか?
前に来られていたのですが
何も言わず駐車サービス券を出すので『会員証はお持ちですか?』
と聞くと「ない」というだけで何も言わなくて・・・。
こちらが『治療院を利用されましたか?』と聞くとうなずくので
それでサービス券を発行したんですけど
それも対応が遅いからか嫌そうな顔をされていたのを覚えているんですよ。」
と教えてくれた。

駐車サービス券を発行してくれなくて当然だと思った。

たとえ会員さんであっても、当日利用していない人には発行はしない。
徹底しているサービスなのは、もちろん会員さん以外の人は知りもしない。

だけれども、ここを利用したと言える口は持っている。

当たり前のことが分からないんだろうか?
それともNさん独自の考え方なのだろうか?

もし、独自の考え方だとしたら、凝り固まった考えだと思える。
周りを疑い、自分の話を相手に提供しない。

そういう態度なので、自分も周りからこの人は怪しいと思われるのではないか?

一言言うだけでオッケーなのに言わなかったNさんは
私に駐車券を渡し、じっと待っていた。

その時間帯は込み合っていて私は、会員さんの波が引くのを待って
それから駐車券サービス券を出したので、結局、Nさんは自分で
貰いに行くより3倍ほどの時間がかかった。


それもまたNさんの不服の一つに加わったかもしれない。
なんでも自分発信で返ってくるもんなんだろうなあ。




スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts