ビスマス

ビスマス という石のコト

ビスマス

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

和名「蒼鉛」

ビスマスはBiの元素鉱物で、熱水性の金属鉱床の石英脈中やペグマタイトの
石英脈中に、クォーツ、ビスマフィナイト、パイライトなどと共産します。

六方晶系の菱面体結晶で発見されることもありますが
大半は塊状や葉片状、放射状、粒状などで見られることができます。

また、時には寄木細工状の双晶で見つかることもあります。

色は、帯紅白色ですが、徐々に錆びて褐色に変色してしまい
条痕は銀白色を示します。

不透明で金属光沢をもち、底面にへき開があります。

断口は不平坦状で、硬度が2.5と脆くて弱い鉱物ですが、熱すると展性があり
小刀できることもできます。
(物質が圧力や打撃によって、破壊されることなく薄い箔(はく)に広げられる性質。
金・銀・錫(すず)・アルミニウムなど、一般に柔らかい金属がこの性質に富む。)


名称は、ドイツ語で「白い塊」という意味の「weisse masse」に由来します。

15世紀頃に、ドイツのザクセン地方の鉱夫たちによって、Wismutを新しい金属
として採掘したのをはじめとしている鉱物。

      ◇    ◇    ◇   ◇    ◇    ◇    ◇

思い描いた夢を実現させるためには、あらゆる努力を惜しまず、目的を
達成するまで継続できるよう導く力があると言われています。

細胞の再生を促してエネルギー不足を補い、生命力を増強する働きが
あると伝えられています。


◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆


*インカ帝国*

4月から京都文化博物館で特別展示されていた「インカ帝国展」に
昨日行ってきた。


ずーーーーっと行きたかったのだが
今、マクラメ編みを休日は習いに行っていたり、なんだかんだで行けなくて
やっと最終日の昨日に行って来れた!


      ◇    ◇    ◇   ◇    ◇    ◇    ◇

インカ帝国の歴史やマチュピチュの出土品が展示されていた。

今から思えばかれこれ一か月前ほどに携帯で予約録画をしていた
世界遺産の映像の一つにマチュピチュがあって
それを見ていたからなのか


出土品のアリバロとよばれるお酒を入れる壷や貫頭衣(チュニック)の模様や
色遣いをしげしげと見ていたのだがなんだか新鮮味がない。

初めてみた感覚がなく、わ~マチュピチュ~♪という高揚感もなく
「へ~」と思う。なんでだろうか?

確かに壷に描かれた模様、貫頭衣の鮮やかな赤や黄色の糸で描かれた模様は
美しく、精密であり、技術の高さを伺わされる。

順路をすっ飛ばし、見たいところが空いている場所を見て回っていた。

金細工のコーナーに来た。
ここは食いつきました。

高さ10センチほどの男女の合金や銀で作られた人物像があり
私が思っている技術の高さをはるかに超えていた。

昔だから鋳造技術はないだろうと思っていたのだが
五芒星形のこん棒の先部分は今の技術に近いと思った。

金属を溶解する技術、それを鋳型に入れ鋳物を作る工程。
金属を精密にくりぬき、形を整え、模様を刻みつけるこの技術の高さに
当時の人々の生活水準の高さを見た。



その次のコーナーはがらりと変わり歴史を展示していました。

インカ帝国はスペインの占領下におかれるわけですが
そのインカ帝国の王フェリペ・トゥパク・アマル1世の肖像画の前に来たとたん
カーッと目が熱くなり涙があふれそうになりました。

他の肖像画の前では何ともありません。

他の展示品を見終わって、再びアマル1世の前に来るとやはり
涙がでそうになる。

肖像画の目からの訴えではなくどうも腹のあたりから来る。
・・・・様な気がした。


もしかして、私はマチュピチュに関わりのある人物だったかもしれない。
なんて思ってました。


      ◇    ◇    ◇   ◇    ◇    ◇    ◇


この謎をヘミシンクで見れたらいいなと思って今朝やってみた。


CDが始まってすぐにナレーションがあるのですが
その前にふいっと「つれづれなるま」まのしずさんが現れて
頭をペシっとはたいて消えました。

なんでしょうか?
激励のようなあいさつのような不思議な映像でしたがw


その後、薄暗い部屋から外を見ている映像が見え、扉のない間口から見えた。
外は地面は明るい砂地で少し先には草の緑が見えます。

そこは明るくて、私は部屋の中から薄暗い階段を下って外に出ます。

出るとまた道があり、その空は高い山がうっすら見えているような感覚です。

その後、はっきりしない映像ばかりでしたが、
最後の方で巨大な建造物や動物を象ったものが、くの字型の台車に乗って
高速移動している映像が見えました。

エネルギーは今の人類の持っているものではなさそうだと何か伝わってきました。


もっとはっきりと具体的にこのことが見えるようになるには
まだまだ先のようです。

自分の意識が変わればこの見えている景色もかわるんだろうなと
個人個人の見る世界の面白さを感じるのでした。





スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts