ベルチェライト

ベルチェライト という石のコト


ベルチェライト

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

和名「ベルチェ鉱」

ベルチェライトは、スティブナイトと同じくアンチモニーの鉱石で
花崗岩を横切る白色の石英脈中などに、そのスティブナイトと共産
することが多い鉱物。

斜方晶系の繊維状結晶の集合体で発見されることが多く、その他には
塊状や粒状で見られることもあります。

色は暗銅灰色で、条痕は褐黒色となります。
不透明石で金属光沢をもち、へき開は不明瞭です。

このベルチェライトとスティブナイトとは、結晶などの形状や産状、
性質などがとても似ているのですが、科学的にはKOH(腐蝕試験の試
薬、苛性カリ40%溶液)によって識別でき、反射光でもベルチェライ
トは白色より帯紅灰白色の反射多色性が明瞭な上に、異方性も偏光色
が異なりますので識別できます。


      ◇    ◇    ◇    ◇    ◇    ◇    ◇

決断力を強めたいときに用いると効果的とされる鉱物。
未知なることへの恐怖心を取り除き、自己の目標を定めて、それに向
かって前進していけるよう促す力があると言われています。

勇気と叡智を授けてくれるそうです。


ホルモンバランスを正常に保って、それに伴う様々な不調を改善する
働きがあるとされています。

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

*ツクヨミノミコト*


先月の25日は満月だった。
しばらく良いお天気が続いていたので月が綺麗に輝いていた。
仕事が終わって駅までの道のり、月を見ながら帰ったり
家のベランダからちょっと眺める見るのが楽しみだった。

小さい頃から月は好きだったし、年中行事を行うのが好きだった一時は
お月見も張り切ってやっていたw
今はもうそこにはこだわらない。


そして、近年、満月の日にお財布を月に向かって振るまじないが流行った(流行らした?)
私もやってみた。でも、心底信じていなかったんだろう。
ほぼ変わらない状況だった。・・・orz

それからは、月を意識するようになり、次々と月に関する本に出会った。

色々とある本の中で新月、満月の前後に絶食をすると生理の周期が定まる・・・
ということが書かれているのを知って、実験的にやってみた。

開始から数カ月経つと、確かに定まってきたのだが、なんせ絶食に
近いことを2日ほどやるので、食いしん坊の私には辛くて、
いつしかこれもやめてしまった。
・・・体感したから良しとする。



    ◇    ◇    ◇    


そのお財布振り振りが流行りだしてから
この何年かは満月の日はなぜか、私が見る限り曇りか雨。

満月前夜は、ほぼ良い天気で綺麗に満月が見えるのに。

・・・月が故意的に満月パワーを隠してしているんじゃないだろうかと思う。
もう少し考えなさいとでもいうように。
あくまで個人的感想だけれども。

      ◇    ◇    ◇    

そんなこんなでいつしか満月に向かって、財布を振ることは
やめてしまって久しいのだが、最近、月に関してまた物思うことが多い。

「あなたはどの星から来たのか」という本によると、月は何かの受信装置、
増幅装置であるということが書かれていたように思う。

それが本当で、受信装置だとすれば
月と自分が見つめ合った時、自分が発信源となり月に投影される。
それが受信され増幅された世界が今の自分の環境じゃないかと思うこともあり。

月全体が鏡面という仮説を立てる。
放射されたものは、鏡面に当たり反射される。

スケールが広すぎて想像を絶する大きさ過ぎるけど、感覚的にそう思う。
それが今、周りを見てみる自分の世界なのではないだろうか。

ということは自分のなりたいように、そうしたいように思い描きながら
月を愛でると、願いがかなうことになるのではないかな、なんて思う。


      ◇    ◇    ◇    ◇    ◇    ◇    ◇


月は女性だ、男性だという声もあるが
見る人の投影でもあるので、確かにどちらでもあり得るだろう。

私は日本の神様は小さい頃からなぜだかなじみがある。
イザナギ、イザナミの日本創世のお話や人間はなぜ死に生まれるのかのお話は今でもよく覚えている。

そんな神様のお一人である月読命・ツクヨミノミコトは男性の姿で描かれることが多く、
実際にそう言い伝えられていることもあるようだが
私はどちらも兼ね備えた中性的な神様だと思っている。

男性性、女性性のバランスを取りなさい、とこの神様からのメッセージを受けるらしい。
なんでも世界の神話では太陽は男性、月は女性とされることが多いため
この神様も女性だったのではないかとされているそうだ。

日本では太陽はアマテラスオオミカミで女性形で
世界と比較すると反対の性。

アマテラスオオミカミに関しては、大いなるアワの力が前駆となって
前進する男性的な面も見られる。
現にアマテラスオオミカミはスサナルノミコトを迎え撃つ気まんまんで
男性の姿で武装して描かれている場面もあるから。




確かに何でもバランスは大事である、と、言葉上は知っている。
月のように離れた位置から見ないと現状がどうなっているかなんて、
想像できないし、考えることすら思いつかない。



また、月を読むことは暦を読むこと。
農耕に必要な暦やその時期にどういった天候具合であるか
そのデータを基に田植えや、種まきを行う、日本にも欠かせない神様
だそうだ。



月のデータは収穫などを決める農作物に関することや、
また医療の分野でも手術をする日を決める際に大事とされる。

満月の時期は水や栄養を取り込む時期なので、身体は瑞々しいちゃあそうなんだけど、
水を普段以上に保持している。

確かにその時期に体全体がむくんでいるように思う。
特に、お腹周りが普段以上にむくんでる(暗…

そういったデータに基づき
術後は傷口が腐敗しやすいらしい。

だから、この時期に手術をしない方が良いというデータもある。
チロル地方の人たちはそう暮らしているそうだ。

      ◇    ◇    ◇    ◇    ◇    ◇    ◇

月を自分だけのためでなく、誰かのために観察、利用し、
毎日の暮らしに役立てる。
穏やかな日々を送れることを月に向かって感謝する。


そういう風に月を愛でながら暮らして行けたらいいな。

そして、月の暦の移ろいを感じながら
自分の身体の調子を認識し、身体と対話して
今以上、愛していこうと思っている。





スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts