スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホーンブレンド

ホーンブレンド という石のコト


ホーンブレンド
◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

和名「角閃石」

ホーンブレンドは、アンフィボールグループの中では最もポピュラーに
産出する鉱物で、造岩鉱物の重要な一つとされています。

火成岩の造岩鉱物として産出し、角閃片岩や角閃片麻岩などの変成岩中にも
変成鉱物として含まれています。

単斜晶系の柱状結晶体で見られ、面が六角形の双晶をなすことがあります。
他には塊状や緻密、粒状、円柱状のものもあります。

色は、緑色や帯緑褐色、黒色で、条痕は白色ないし灰色を示します。
透明から不透明のものまであり、ガラス光沢をもちます。

      ◇    ◇    ◇   ◇    ◇    ◇    ◇

古代のアフリカ原住民などがセレモニーの時に、より霊性を高めるために
使用したと伝えられています。

持つ人の洞察力、直観力を高めて、思慮深い温情あふれる優しい気持ちに
導く力があるとされています。

目的に向かって、努力していこうという意欲を沸き立たせる働きが
あると言われています。


カルシウム分の吸収作用を高める働きがある他に、体内における抵抗力を
強化する力があるとされています。


◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

*2.5*

○ジテレビ系(FNN) 3月9日(土)2時27分配信
8日、西日本の広い範囲で黄砂が観測された。

8日午後4時すぎ、山口・下関市では黄砂の影響で、うっすらと空がかすんでいた。
下関で午後2時に観測されたのをはじめに、その範囲は九州、四国、
中国地方に広がって、午後9時には、和歌山県でも観測されている。
9日以降は、次第に東へ広がる見込み。
黄砂の飛来とともに懸念される「PM2.5」、さらに花粉と、
日本列島はマスクが手放せない1日となった。
山のように迫り来る巨大な黄砂。
中国北西部の甘粛省で、5日に発生した大規模な黄砂の嵐。
中国からの黄砂が今、日本列島を覆おうとしている。


一昨日の晩から喉がかゆくなり始め、昨日は職場で目がかゆくなりだした。
夕方になるにつれかゆみがひどくなってきた。

う~ん、花粉症なのか。
もともと鼻炎アレルギーを持っているのでこの時期は
どっちなのか分からなくなるが、どっちにしろデリケートな鼻。

昔、水について講和があってその中の一つとして聞いた話です。
南極北極の水が溶けだしているって話はご存知ですね、から始まった話。

南極、北極では水位量が異常なまでに増し、赤ちゃんアザラシが飲み込まれてしまう。
赤ちゃんアザラシは産まれて泳げるようになるまでは
氷の上で親たちに見守られながら成長をするのだが
その成長を待たずして、水位が増したがために波にさらわれ命を落とす。


また、鹿などの草食動物は、雪をかき分け餌とする草花を食べるのですが
温暖化により一度溶けた雪が再度固まり氷となり
その草花を固めてしまう。

鹿たちにしたら見えているのに食べれない。お腹がすいている。
食べるためには掘り起こさないといけない。しかし、氷はヒズメをも痛める。
飢えた彼らは血だらけになりながらも、必死に氷を壊そうとする。
そして、飢えて死んでしまう。

こんなことになった原因の一つは私たちが住んでいるこの日本だという。
え!?と衝撃的だった。

もしこれが本当のことであれば情報に乏しかったことを否めない。
全く関係がない(国のこと)と思っていたことなのに、なぜに?

そもそも、φ国に日本は野菜や衣料品などを安価で提供するように
契約していた。日本にしたら低賃金労働者を雇い利益を得る仕組みを日本は作った。

日本人に買ってもらうためには綺麗な野菜でなければならない。
綺麗な野菜ってのが、虫食いがない、形もそろっている美しいもの。

自然栽培やベランダ栽培をされている方はご存じのことと思いますが
自然が私たち人間の思うどおりになるわけがなく
自然は自然なのだから思うように成長するものです。

だから土の固さが原因だったりで真っすぐ伸びるものもちょっと曲がったり
成長する方向に枝があったりすると曲がるものですしね。

そこでその自然をねじまげてしまえば思い通りの形になるようです。

それは自然ではない薬物を使うこと。
農薬散布を強くして虫も食わないような植物に仕立てること。
それを思いついたのが日本人かφ国人かはわかりませんが
それが結局日本人が望んだことですよね。

農薬を使う→土壌汚染→雨が降る→川や海に流れる→世界中を漂う→地球の両端に集約される。

結局、地球温暖化の環境破壊を行った日本人に対しての警告、いや、もっと真剣にとりくまなくちゃあかんてことなんだと思う。
誰かのせいではなく、まず自分から…なんだね。

この話は10年ほど前に聞いた話。
10年経って本格的に返ってきた。

      ◇    ◇    ◇   ◇    ◇    ◇    ◇



ちょっと「スピリチュアルアロマカード」に聞いてみました。

*PM2.5はなぜ日本にやってきた?

マンダリン「感謝の気持ち」
感謝を忘れていたのかもしれない。
確かに一部のφ国の人の行動は?な部分や憤りを感じる部分があるやもしれません。
ですが、衣料品のタグや雑貨などには「made in china」の刻印があります。

φ国が作ってくれるから、私達は安価に手に入れられる。

他のことはさておき、そこは感謝しないとね、と思う。



*φ国からの2.5の被害は拡大するか?
ローズマリー「高次の存在からのメッセージ」

これもひとつの考えなければならないことのひとつなのだろうなぁ。

花粉症に関係する花粉は自然の繁殖作用なので
これは自然な成り立ち。
それをなんとか薬や道具で逃れようとしても、かなわないような気がする。

うまく花粉症とつきあう方法を自分なりに見つけないといけないんだろうな。
目がかゆくて鼻水もひどいけど、それも自分の自然な排泄作用だし。

ハーブの力を借りてデトックスと温浴をするのも良いと思う。



最後に
*今後のPM2.5はどうなっていくか?

サンダルウッド「自分の内側と対話する」
なんのことだろうと
思ったが、自分の免疫力を高めることのような気がした。

よくよく考えてみると夕方になるにつれ目のかゆみが強くなってきたのは
疲れて免疫力が下がってきたからだろう。

ということもあり、やはり他者が原因の一端であったとしても
自分が強くなることでそれも回避できるんやないかと思いました。



私は農薬なんかまいてないし
φ国に恨みもない。
と思う人もいるだろう。

でもやってきたのは同じ日本人。

同じ日本人として
今一度考える時期なんだろう。それを教えてくれる今回のPM、黄砂、花粉症アタック。


考える機会である。


スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。