プルースタイト

プルースタイト という石のコト

【Proustie】
プルースタイト

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

プルースタイトはパイラルガイライトと共に、低温の銀鉱床の上部の
晶洞中などに産出します。

六方晶系に属する六方柱状の微小で、その一端が菱面体で終わる結晶体で
発見されることが多く、その他には塊状や粒状、緻密な晶癖をもつものもあります。

色は、濃紅銀鉱と共に濃紅色を示し、そのためにこれらはルビー・シルバー・オア
(ruby silver ore)と総称されます。

しかし、その色も年月を経ると次第に暗くなってしまいます。条痕も紅色。

半透明または透明で、金剛光沢かやや金属光沢をもち、菱面体にはっきりとした
へき開があり、断口は貝殻状から不平坦状を示します。

名称は、フランスの科学者、J.L.Proustの名前にちなんで命名されました。


       ◇    ◇    ◇   ◇    ◇    ◇    ◇

大地の浄化、清純、悠然を表す鉱物とされています。
穏やかさの中にもきちんとした自己主張ができるようになり
それを礼儀と折り目の正しさを持って表現するために、多くの
人々の共感を得ることができるようになると言われています。

めぐってきた幸運の機会を逃すことなく、その手に掴めるよう導く
力があるそうです。

内分泌腺の働きを助けて、発育や生殖にかかわる様々なホルモンの
分泌を活発にする働きがあるとされています。


◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

*マヤ暦*

ああ 明日はマヤ暦の大事な日だとか思っていた21日。

大事な日。
その日は他にはない特別な日なのか。

そういう期待もあるだろう。
不安に怯えるフロアにいる人は特別な日というエッセンスで
不安が増すかも知れない。

もし、仮に
明日が世紀末であり
地球がぱっくり割れるか
粉微塵になってしまったとしても
それはそれ、地球の歴史が終わるだけ。


私は私であるのだから
そういう運命なのだと受け入れるしかないでしょう。

泣きわめき不安にかられてても
何が変わるわけでなし、私というちっちゃな存在が物量的に地球に叶うわけない。

そう思うと
生きてこられて良かったと感謝するなあ。
ほんと。


ここまで
よくぞ頑張って生きてきたことを誉めたいと思ってる。


明日、マヤ暦は終わるという。
自分を褒め称えたい日であると私は思う。


       ◇    ◇    ◇   ◇    ◇    ◇    ◇

そして、開けて21日の朝。
最近のマイブーム、7時頃の朝陽を浴びる為にベランダに出た。


今朝の朝陽はとても柔らかい。

20121222sky.jpg



「穏やかに過ごせ。」
なんとなくこんな言葉が浮かぶ。
そして、22日の朝は始まった。
その日の仕事は、いつものような光景だが、少し違った。


口うるさい社長格の先生も
なぜだか静か。

輩か~っ
っていうややこしい患者さんの姿も
いつものように見ない。

自分の気持ちが乱れないとこんなにも
世界は穏やかなのかと思った。


その反対にちょっとでも懐疑の心がある階層に自分がいたとすれば
何でもかんでも疑いの気持ちを持ってしまい
心穏やかに過ごすなんてありえない!とさえ思い
周りを恨んでしまうかもしれない。


心穏やかに過ごせ
そう 心の中の何かがつぶやいたのかもしれない。

21日までの同じ7時台の太陽の光はきつかった。
ぎらぎらとしていた。
刺すような光だったのに22日以降、なぜだか私は柔らかな光であると
感じるのだ。

個人的な感想かもしれないけれど、なぜだか違う。
その証明になるかどうかはわからないけれども
それまでの太陽の光で作るBSWと以後のBSWを飲み比べてみようと思う。

微妙に違うような気がする。(予想)







スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts