グロッシュラーライト

グロッシュラーライト という石のコト


【Grossularaite】
グロッシュラーライト

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆
和名「灰ばん柘榴石」

グロッシュラーライトはガーネットグループの一種で、
石灰岩の接触変質帯などで発券されます。

等軸晶系の斜方十二面体や二十四面体等の結晶で見られる他には、
礫状、破片状などでも産出することがあります。

色は、無色や黄色、黄金色、褐色、緑色など様々ですが、条痕は白色です。

透明ないし半透明で、ガラス光沢ないし樹脂光沢を持ち、へき開はなく
断口は不平坦状から貝殻状を示します。

褐色で透明のものはヘッソナイト、緑色透明石はツァボライトと呼ばれ、
他にもメキシコ産で黄緑色石のサロストサイト、ピンク色のローゼライトなどがあります。
名称は、シベリアのビリュイ川産の淡緑色のガーネットが
西洋すぐりの一種のグロッシュラリアに似ているところから命名されました。

         ◇     ◇    ◇    ◇    ◇    ◇

決断力、実行力を養い、肉体と精神、感情のバランスを保って、体中に
活力を行き渡らせる働きがあるとされています。

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

去年のお話会で講師の鏡のiさんのお話で私は初めて「サウィーン」という言葉を聞いた。

サウィーンは
「ハロウィン、あるいはハロウィーンは、ヨーロッパを起源とする民俗行事で、
毎年10月31日の晩に行われる。
西ヨーロッパ古代のペイガニズムにもとづく死者の祭りおよび収穫祭、
とりわけケルト人の行うサウィン祭に由来するとされている。」
Wikipediaより

サウィーンとは新しく芽が出る前の暗い冬の闇の期間。

ただそれだけなのに。
当時の私はたまたま仕事のことで思い悩む毎日を過ごしていた。
そんな思いをしていたから、暗い方向を向いてしまっていたようだ。

ただ意味も分からず私は恐れていた。
これこそ思考力のない者がする行動だと今は思う。

恐れる必要なんて全くなくて、
ただ、ただ、そうなんだと受け入れるだけのことだったのに、
私は見えない物に対して恐怖し、その結果、そういう未来を選んでいた。

恐れを選択した瞬間から
その未来が始まったんだと今は理解できる。

あいまいな知識と、ろくに調べも推敲もせず、判断した結果だ。

自分で「思い描いた」未来を作ってしまったと再確認だ。

         ◇     ◇    ◇    ◇    ◇    ◇

さて、今年のサウィーンはまったく違った。

サウィーンが始まるという、その数日前からなんだかワクワクと力がみなぎっていたのだ。
調子のいい私はサウィーンのことなんてすっかり忘れていた。

ある日、何気なく立ち寄った「森で祈ろう」の「日が暮れたならサウィーンの始まり」を読んで
そうだったわ~、明日からサウィーンが始まるんだった。
とサウィーンがあることを思い出した。

去年と違う未来に向けた闇になぜだかワクワクした。

以前の私は闇雲にただ「闇」と言う言葉の響きにマイナスイメージを持ち
それを勝手に畏れに変換していた。

闇という言葉自体に恐れや魔力など力はないのに
精神が暗い方向を向いていた、いや自分で気づき方向転換をしなかったから
暗い未来を自分が呼んでしまったかと今では思う。

闇は光がないとわからない。
光もまた闇がないとわからない。
お互いになくてはならないもの。

暗いから、見えにくいからと
そこで諦めたり、悲観して思考を止めてしまうのも一つの選択肢だ。

だけど、だけど、
この先には必ず何かあるとじっくり冬の闇の期間に考える。
闇だからこそ、静かに考えることができるともいえる。

         ◇     ◇    ◇    ◇    ◇    ◇

おりしも明日、7日からは水星が逆行期間に入る。
その期間は
「大事な約束や契約をしない」「交通機関のダイヤが乱れやすい」
そういったことを言われるそうだ。
なぜならこの時期は物の考え方や思考パターンが自己中心的になる傾向があるとのこと。

仕事で独断でやってしまって良い場合もあるが、
自己中心的な考えでやってしまうと周りも会社も巻き込んでの大事になる可能性がある。
そりゃあやちゃあいけない。

また、射手座を始めすべての火の星座で逆行するそうだ。

火の星座は熱いエネルギーを持つ。
が、逆行期間に行き場を失い誤った方向にエネルギーを注ぐ危険性があるらしい。

以前の私なら妙に怖じ気づいてしまっていただろう。
だけど、よくよく考えてみればいいことで、
そうならないために一工夫すれば良いことなのだった。

何か起こると面倒だとか
トラブルはごめんだ。
立場が悪くなるのなんてまっぴらごめんだ。

だから
動かないように大人しくしておこう。

それじゃあ
なんにもならない。


この時期だからこそしっかり自分観察をしていれば
自分の危なっかしい部分に気づくこともできるだろう。
いつもと感情が違うぞ、と気づくことも出来よう。

自分の見えなかった闇と向き合うこともまた成長への糧になるかと思う。

表に出るための蓄える期間がとても楽しいと感じるのだ。
単純に新しい年を迎える高揚感かもしれない。

見えない部分を楽しむ自分でありたいと
夜空を見上げながら思うのだ。





   
スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts