アレキサンドライト

アレキサンドライト という石のコト

アレキサンドライト

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

アレキサンドライトはクリソベリルの変種で、酸化クロムを含有するために
昼光下では緑色のものが、人口光線下では赤色に変色するものをいいます。

ペグマタイト中や雲母片岩中などに産出し、また、稀に苦灰岩中から
発見されることもあります。

斜方晶系に属しますが、双晶によって六角板状になったり、六方車輪状で
見られることもあります。

その場合、結晶面状には接続のへこみや三方形への条線が確認できます。

名称は、この鉱物がウラル山脈のトコワヤ付近で最初に発見された日が
後に皇帝アレキサンドルⅡ世となるロシア皇子の18歳の誕生日だったので
その名前にちなんで命名されたそうです。

         ◇     ◇    ◇    ◇    ◇    ◇

この石の特徴である色変化を起こすところから、よく二面性が語られます。

知性に溢れながらも情熱的で、神秘性に富むと同時に現実的だったりと
変わり身の早さを象徴し、また、不滅の新人を表していると言われています。

邪悪なものや悪霊から身を守る力があるとされています。



◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆



職場の休憩時間でのこと。

休憩室で本を読みながらお弁当を食べていた私。
そこには複合施設内のスタッフさんやスポーツクラブのインストラクターが
数名いた。

私はついているテレビにチラッと目をやるとナイナイの
岡村さんがレスリングパンツ?ででていた。
ほかの芸人さんもいるな、と思っただけで
また、本を読みながらモグモグしていたのだが・・・。


たぶん蛆テレビ系列かと?

テレビの内容は再放送かな?ナイナイの岡本さんやお笑い芸人が出てて
テーマはダイエットかシェイプアップ。

画面にはバレエストレッチの男性インストラクターがいた。
あれやこれやと芸人さんたちに指導しているのですが
別段、私は面白いこともなく気にもしていなかったのです。

が・・。
突然、目の前に座っていた自力整体のインストラクターのおばさまが
「このインストラクターきもい~、こんな人嫌や~、なあ!」
と同意を求めてきたのですが私はどーでもよかったので
返事をしなかった。

他のスタッフさんに話しかけていたのですがね
このおばさま、口が悪いので嫌がられている。

画面では膝立ちしてストレッチかな?をしていた。
するとおばさまが
「膝痛めるわ~老人にはきついわぁ」
と、老人限定で話をはじめる。
「(テレビ見てやってみた)老人があちこち痛いって
あんたんとこ(病院)に行くわ~
そしたら、ガバガバ儲かるわね~ギャハハ」

と下品ぶりを披露。

「そりゃあ、ひどいこといいますね~」とおばさまに申すも
聞いちゃあいない。

テレビを見ながらギャハハと騒ぐ。

・・・・五月蝿いヽ(`Д´)ノ


         ◇     ◇    ◇    ◇    ◇    ◇

ふと思ったのだが

このおばさまインストラクターは主に老人相手にしているから
視点はそこにある。
確かに老人目線だとそのストレッチなどは関節を炒めるし、そう言える。
柔軟性がある人はそうでないだろうし、こんな方法もありますよ、ってことなのだ。


と思うものの、蛆テレビも今更ながら思うのは
視聴者を限定して番組を作っている。視聴者の年齢層にターゲットを絞ることは当たり前だけれども。
一部の人しか見ないと思っているのだろうな。
一部の人が良ければそれでいいんだなあ・・・・。きっと。


そのおばさまインストラクター同様な蛆テレビ。
インストラクターは老人同様聞く耳もたない部分がある。

聞く耳持たないインストラクター≒蛆テレビ

ってことかと今更ながら思った。


うん、今更だけど・・・。
ひどいな~と数々のことを聞いていたが
あまりにも意識していなかったので、遅まきながら思ったわけでした。








スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts