レグランダイト

レグランダイト という石のコト


【Legrandite】
レグランダイト

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆


レグランダイトは砒酸塩鉱物の一つで、水砒亜鉛鉱に通常関連して
固く緻密な石灰岩マトリクス中の空洞中に産出します。

単斜晶系の板柱状の結晶体や放射状、塊状などで発見されます。

色は、無職や淡黄色、黄色、帯褐色のものなどがあります。

ガラス光沢のある透明ないし半透明石で、へき開はなく、その断口は
不平坦状をしめします。


宝石種としては、メキシコが唯一の産地ですが、そこでも1カラット以上の
透明カット石を得るのは希とされています。

名称は、1930年に最初にこの鉱物を採取したベルギー人の鉱山マネージャー
Legrandの名前にちなんで命名されました。

         ◇     ◇    ◇    ◇    ◇    ◇

古代のアズテック(Aztecs)民族が戦いの際の儀式に用いたとされる鉱物。
公正、精錬、正義を表し、個人的な小さい枠にはまった考え方から、
スケールの大きなものへと抜け出せるよう導く力があるとも言われています。

包容力を強める働きがあり、外部の侵入者から心身を保護する力があるとされています。



◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆

先日、寒くなってきたので秋物を出すついでにこのところ
着ていないものを処分しようと色々と片付けていた。

その中に大量のストッキングがあった。

私は普段はあまりストッキングをはかない。
履くとしてもひざ下ストッキング。

空調の効き過ぎている所ではちょー冷える。
という理由で空調のきいている室内で仕事をするには不向き。
それと制服に着替えるので脱ぎきのしやすいひざ下ストッキングか
靴下が通勤スタイル。



めったにない冠婚葬祭用にストッキングをストックしていたものと
他、しばらく履いていないストッキング5本くらいを一気に処分した。

その他の洋服も処分したので今のところ服を置く棚はすっきり♪
よかったよかった・・・と満足していた。

なんせ毎日の洗濯物を片付ける時間が少なくて済むのだから
家事も楽になるわけだ。
こりゃあいいね~などと喜んでいたのだが・・。


         ◇     ◇    ◇    ◇    ◇    ◇



それから一週間後、母から荷物が届いた。
両親は弟の住む街へ先月引っ越したのだが、そこから荷物が届いた。

開けてみると~
どーんと大量の未使用ストッキングが。
しかも私が履かないような色でグレー、こげ茶・・人間の足色やないですがな。
お年寄りの方がよく履いてらっしゃるグレーのストッキングは私は好きでない。

母も年齢は年寄りに入るので気にならないようだが。

それと共にいつか送ろうと思って保存して、そのまま忘れていたであろう
小学生高学年くらいのサイズの子供服も入っていた。

うちの子は今はもうそんなサイズではないので不要なもの。

添えてあった手紙には「服は着なければ寝巻きにでもしてください。」と。

寝巻きでもサイズは合わないし、好みではないので着ない。

こういうことが想像できなかったようである。
想像できたであろうなら、着なくて処分するしかないものをわざわざ
宅急便代を払って送ってくるようなもったいないことはしないだろうと思ったのだが。


         ◇     ◇    ◇    ◇    ◇    ◇



なんでこういうことになってんだろう、と思ったが
そういえば私が小学生の頃、絶対着なかった小花柄の洋服を買ってきていたなあ。
当時の私は父そっくりの太眉毛のおっさん顔だったので小花柄なんて似合う訳もなく
むしろ嫌っていたのだ。
母はせめて女の子なのだから可愛らしい服を着て欲しい、服だけでも・・・。
そう思ったに違いない。
がっくりしていた姿は記憶にあるが、小さくても子供には個性、好みがあるのだから
そこを考えて欲しいと思った。
そんなことがあったなあと思い出した。

         ◇     ◇    ◇    ◇    ◇    ◇



母に「子供たちに送ってくれた服だけどサイズと好みが合わない。」ことと
「子供たちは各自好みの物をかってくるのでいらないよ」
とメールした。


返ってきたメールは
「Y(同居の弟)にも言われたけれど、捨てるには(もったいないから)と思い送った」とあった。


もったいない基準が私とずれている。
思ったのなら、もう少し考えれば良かったのに。

そしてこの年にして母の「我」をがっつり認識した。


(孫たちのために)買ったその思いを母は優先的にと思ったようだ。

しかし、明らかに着ないようなものを送られてきたらどうなるか想像はできるけど

母は送りたいから送る。
これが我ですね。

母は大人しそうだと見られているのだが、
実は我が強い。
それは私も同じなんだなぁと母を見て思う。

母のその行為と費やした時間、運搬費が私にはもったいないと思う。

母が思うこちらが喜ぶであろう期待感を裏切った感は感じるのだが、
このまま言わずに同じことを繰り返すのは母にもよくないし、
知ってて私も黙認するのも違うと思う。

         ◇     ◇    ◇    ◇    ◇    ◇


いずれ私も同じように年をとるだろう。

孫に買ってあげたいと思う物も出てくるだろう。

その時、どうするかで孫たちにも何かしら伝わるものがあればいいなと思う。



スポンサーサイト

Comment

瑠璃 #PkLqY056

バザー要員

こんにちは。

お久し振りです(^^)

絶賛、騒音被害に体調崩しまくりな日々です(T_T)

お母さんから送られた品物や、自分で持ってて使ってないストッキングは、
使ってくれそうな人が居れば、使ってもらうべくあげる。
その他未使用品はバザーに供出しております。
“寝かせておく場所がもったいない”という事もありますが、物にも命はあるわけで。。。
一度も使わずに捨ててしまうのは忍びないので、そうしています(^^)

それも一種の“我”と言われれば、それまでですがw

2012/10/28 (Sun) 11:08 | URL | 編集 | 返信
ゆずか #-

なるほど~

瑠璃さんへ
その手もありですね。
バザーというものから遠ざかっていたことで
思いつきもしませんでした。

情報をありがとうございます^^

2012/10/31 (Wed) 10:22 | URL | 編集 | 返信

Post Comment

非公開コメント

Latest posts