フローライト

フローライト という石のコト


フローライト

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆
フローライトはハロゲン化鉱物の一つで、熱水鉱脈や
温泉地帯に生成します

トルマリンを伴ったクォーツの結晶上をはじめとして
広く産出が認められています

形は正六面体や正八面体、立方体やその集合体として発見され
八面体の方向に完全な劈開(割れやすい方向)があるため、よくそれを利用して
割った八面体が普及しています

色は無職や緑色、紫色、ピンク色、黄色のものなどがあり
同一結晶中で色が帯状に異なる「帯状構造」を表すものもあります

透明ないし半透明でガラス光沢をもち
火中に投じると蛍光を放ちます
(やった人を知っていますが危険ですのでまねをしないように)

よく溶鉱炉の溶剤に利用されるため英名はラテン語の「流れる」の意味の
「fluere」に由来し、日本名は紫外線を当てると光を発する蛍光
現象が見られることから「蛍石」と命名されました


古代エジプトでは彫刻やスカラベにこの鉱物が用いられ
古代中国や古代ローマでも彫刻の材料として広く利用されたそうです

また18世紀にはこの石を粉末にして水に溶かしたものを
薬として服用したといわれています

         ◇     ◇    ◇    ◇    ◇    ◇

集中力を増してストレスを軽減し意識をより高次元に導く
働きがあるとされています

またブルーフローライトは強い保護作用が有り
過度な精神的影響を遮断するのを助けます

ネガティブなエネルギーを一掃し、鎮静、活性化を行います

内面の安らぎを促し、不安や恐れを取り除くことで心のバランスを
保つ効果があります


◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆


ある日の勤務先の病院での出来事。

その日1日はいつも通りの業務内容。
予約患者さんや
なじみの患者さんが来て治療が終わり帰られる。
その繰り返しで時間を経ち
やがて
診療受付終了時間となった。

売り上げの締めをして
終礼ではこのところの売り上げの話を必ず、される。

どうすれば来院数を上げられるか?
その話を上司がしていた。


話をぼんやりと聞きながら
ふと気づいたことがある。

そういえば、予約の電話を受け
予約が入ったことを告げると
えっ?って顔をする時がある。
売り上げ云々言うのに
こなせるだろうと
どんどん予約を入れたら
ちょっとやな顔をするって
どういうこと?

矛盾しているようだ。

数を獲得するには
予約の時間をきちっと守り
かつ患者さんの痛みを軽減させて
お帰りいただくと言うことが
売り上げ目標クリアの条件となる

きちっと時間を守った治療ならば
予約を入れても対応できる。


なのにそれを先生方が
クリアできるよう意識しない。
ある程度来院数は欲しいけれど
あまりにもつめこまれるのは嫌みたい…。

その意識だと目標とするところまでは達しないよね。


いやいや仕事してちゃあ
楽しめないに決まってる。

苦しいと思うことこそ
楽しみに変えて楽しもう。

そう思えてから私は世界が変わった。

         ◇     ◇    ◇    ◇    ◇    ◇



フローライトから伝わるメッセージは
何事も楽しむ心

見ているとくすぐったいような
クスクスっと笑い出したくなるような気持ちにさせるフローライト。

フローライトは子供が持っている何事にも興味を持ち
それに熱中する気持ちを起こさせる

もしかしたらインナーチャイルドに響く石かもしれない



なんでも楽しんでいこう
この世界を堪能しよう

そうフローライトが言っているみたい



スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts