スペサルタイト

スペサルタイト という石のコト


スペサルタイト

◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆
スペサルタイトはガーネットグループの一種で
流紋岩や変質岩中から産出する鉱物です。

アルマンダイトとよく似た
等軸晶系に属した斜方十二面体や偏菱二十四面体などの
結晶体でよく発見されます。

色は、灰色やオレンジ色、褐色、赤色、帯褐赤色などの
ものの他に、酸性火山岩中のものは黒色となります。

透明でガラス光沢を放ち、美しいものは宝石用に研磨され
ることもあります。

へき開(割れやすい方向)はなく、裂開は明瞭に有り
断口はやや貝殻状ないし不平坦状を示します。

名称はドイツの産地Spessartの地名にちなんで命名されました。

         ◇     ◇    ◇    ◇    ◇    ◇

古くから世界各地の広範囲の人々の間で
「身を守り、優れた治癒力を持つ石」として崇められたと
されたとされる鉱物。

深い情愛に恵まれ、肉体と精神、感情などのバランスを
保って、身体中に活力を行き渡らせる働きがあると言われています。

ストレス解消の働きもあるそうです。



◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆



夏が始まって気温がグンッと上がった先月のこと。
休みの日に出かけた帰りの各駅停車の電車で感じたことがあった。

快速電車を待ち合わせのため、停車していたのだが
冷房対策に、社内温度を維持するため扉を手動に設定していた。

きちんと手動になっている旨のアナウンスは何度も
繰り返されていたのだが・・・。

停車中、ドアは閉まっているので
出たい人は「あける」のボタンを押し
出て行くだけで閉めようとしない

意味なし

効果なし

発案者はもう少し考えた方がよい

なんでか?って?

内側には「あける しめる」ボタンあり

外側には「あける」ボタンのみ


内側にしめるボタン押して
サッと出ればすむことなのに

協力なし

自分のことばかり

協力できるように考えるのも
必要だと思う

誰にでもわかる
わかりやすい方法で。

手動か
運転手の切り替えかしかなければ打つ手なし

誰かがやるだろう…

誰もやらないだろう…

そう発案者が設定した世界観は
乗客とは違う世界観なんだろうなぁ

         ◇     ◇    ◇    ◇    ◇    ◇


誰かがアナウンスをしたらその通りにやってくれる。

それは意のままに世界が回ると同じことじゃないかな?

自分と同じ考えの人はごく少数であること。
そんなことを視覚的に見たような気がします。

たくさんの人の考えがあってこそ
切磋琢磨される

研磨された石はとても美しい。

一人一人がいつでもどこでも輝ける石となれるよう
意識していたいと思う。






スポンサーサイト

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts